2017年 11月 17日
原発災害からの命の守り方

富士宮市で、甲状腺被ばく防御のために、ヨウ素剤を購入して備えることが決まりました。

この機会に改めて「原発災害時の命の守り方」を一緒に学び考えてみませんか!

守田敏也氏のお話はとても分かりやすいです。

是非お時間を作ってご参加下さい。

11月27時(月)午後7時〜9時

駅前交流センターきらら 第一会議室

どなたでも参加できます。

無料です。

e0242084_22343149.jpg

[PR]

# by fujinomiya_city | 2017-11-17 22:47 | お知らせ・催し物など | Comments(0)
2017年 11月 11日
秋の大感謝祭
富士山麓のオーガニックな仲間たちが出店します。

マイはし、マイカップ、マイ皿をご持参ください。割引サービス等がありますよ。

2017年11月23日(木曜・祝日)10時~15時 雨天決行

会場:永田牧場(富士宮市下条1598-1)



e0242084_20503635.jpg

[PR]

# by fujinomiya_city | 2017-11-11 20:58 | お知らせ・催し物など | Comments(0)
2017年 11月 11日
クリスマス・ライブ

この機会に素敵なサックスの演奏を楽しんでみませんか。
どなたでも参加できます。
TVライフライン主催、富士-富士宮市内の教会の協力により開催されます。
2017年11月24日(金) 午後7時~8時半
富士宮市民文化会館 小ホール
入場無料です。

サックス奏者:安武玄晃(やすたけ もとあき)
e0242084_10134556.jpg
今泉キリスト福音協会 神田川キリスト教会 城山キリスト教会 富士シオンチャペル 富士クリスチャンセンター鷹岡チャペル
富士宮栄光キリスト教会 富士川教会 富士宮キリスト教会 日本基督教団大宮共立教会 日本基督教団富士宮教会 富士宮リバイバルチャーチ

[PR]

# by fujinomiya_city | 2017-11-11 10:24 | お知らせ・催し物など | Comments(0)
2017年 11月 11日
富士山ピース&アートフェスティバル 

「富士山ピース&アートフェスティバル」
秋の特別企画

講演:堀川文夫さん「フレコンバッグの中身って」

ヴァイオリン演奏 河村典子さん

2017年11月25日(土)
14時〜16時
駅前交流センター きらら
入場無料


e0242084_09591237.jpg

[PR]

# by fujinomiya_city | 2017-11-11 10:10 | お知らせ・催し物など | Comments(0)
2017年 11月 07日
スタンディング@富士宮 11月のスケジュール
e0242084_08522661.jpg
 スタンディング
 金曜アクショ ン@富士宮
原発は止まっていても危険です!
核のゴミも一杯で処分できません。

11月の予定
第232回 3日(金) 
第233回 10日(金)
第234回 17日(金)
第235回 24日(金)

午後6時~7時 神田川広場(浅間大社交差点南側)

利権のために命や未来を犠牲にしたくない!
電気は足りてる、どころか余ってる。全原発稼働ゼロ時の猛暑の夏も停電無かったよ。
再び放射能汚染、被ばくの危険にビクビクしながら暮らすのは嫌です。
今こそ原発のない社会を実現しよう。
みんなでアピールしよう♪
監視され国民の自由を奪う「共謀罪」も私たちは反対します!

原発廃炉・反被ばく・共謀罪廃止を願う方なら誰でも参加できます。

◇雨天中止

[PR]

# by fujinomiya_city | 2017-11-07 23:16 | アクション情報 | Comments(0)
2017年 11月 02日
憲法ひろば「コントdeけんぽう⁉」
分かりやすくて楽しい♪と大好評の馬場利子さんによる憲法のお話を
富士川ふれあいホールで聞くことができます!
12月3日
午後1時30分開場2時~4時
入場料500円

この機会にご家族で、お友達を誘って是非!

e0242084_14420528.jpg



[PR]

# by fujinomiya_city | 2017-11-02 14:48 | お知らせ・催し物など | Comments(0)
2017年 10月 12日
『柏崎刈羽原発の審査書案』パブコメ!

パブコメに意見を送ろう!『柏崎刈羽原発の審査書案』


意見募集のホームページ
search.e-gov.go.jp/servlet/Public…


柏崎刈羽原発の審査書案のパブコメに異議の意見を集中しよう(原子力資料情報室)
2017/10/11
http://www.cnic.jp/7709…
<転載>
原子力規制委員会が柏崎刈羽原発6、7号機の審査書案に対してパブリックコメントを求めている。期間は11月3日までである。

規制委員会は東京電力HDの原発にたいして、福島原発事故に鑑み事業者としての適格性についても審査した。
今回のパブコメでは従来のものに加えて、事業者に対する適格性に関する規制委員会の判断も含まれ、2本立てになっている。

規制委員会は東電の適格性を判断するために7月10日に7項目の「基本的考え方」を示し、
東電はこれに対して8月25日に文書回答を寄せた。7項目は例えば、福島第一原発の廃炉を主体的に取り組み、
やりきる覚悟と実績を示すこと(①)、経済性より安全性追求を優先することや安全性の向上(③、⑤、⑦)などである。

これに対する東電の回答は「廃炉、賠償をやり遂げる」決意を示したに過ぎず、実績など具体性がないものである。
にもかかわらず、規制委員会は「運転を適確に遂行するに足りる技術的能力がないとする理由はない」と二重否定という
奇妙な結論を下した。

しかし、東電の隠ぺい体質は2002年に明らかになった「東電トラブル隠し」以降も改まらず、
福島原発事故の「メルトダウン隠し」の指示の存在が5年間も隠されていたこととか、
柏崎刈羽原発に設置した事故時の対処施設である免震重要棟の耐震不足が3年間も隠されていたことが明らかになっている。
また津波対策として設置した防潮堤が液状化現状により強度不足になることなども設置後に分かった。

新潟県で行なわれている福島原発事故の原因究明が未確定な状態で運転を再開しようとすること自体が経済性の優先の証左である。
また、耐震不足や液状化などは起こるかもしれない最大の地震動の過小評価に起因するが、これも稼働優先の姿勢の現れである。
隠ぺい体質に加え安全より経済性を優先している東電に柏崎刈羽原発を運転する適格性がないことは明白である。

パブコメに応募して、規制委員会の判断に異議を集中しよう。

さらに、もう一つの審査書案について、異なる科学的な見解が示されている柏崎刈羽原発5〜7号機の直下の
12本の断層について東電の主張のみで判断を行なっている点は大きな問題だ。

10月9日に柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会の活動10周年の集いがあったが、その席上、
地元の地質学者らでつくるグループが現地調査と火山灰分析などを行ない、
それらが活断層であるとの結果を得て、規制委員会に考慮・判断を求めていたことが報告された。

しかし、審査書案にはその指摘を考慮した経過が見られない。規制委員会は東電の主張のみで判断したことになる。
この点に関して、規制委員会に異なる科学的な主張についても十分に検討を行ない、
科学的に納得できる結論を出すことを、パブコメで求めることも欠かせない。
[PR]

# by fujinomiya_city | 2017-10-12 09:43 | パブリックコメント | Comments(0)
2017年 10月 08日
柏崎刈羽原発を再稼働する理由はなくなった!

これで東電の柏崎刈羽原発再稼働の理由はなくなったよね!


東京ガス 2020年代に発電能力3倍に 原発5基分に相当


電力の小売りに参入している東京ガスは、自前の発電能力を2020年代に今の3倍、原子力発電所5基分に相当する規模にまで増やし、電力事業を強化する方針を明らかにしました。

これは、東京ガスの広瀬道明社長が5日の記者会見で明らかにしました。それによりますと、2020年代に東京ガス自前の発電能力を今の3倍の500万キロワットにまで増強します。これは原子力発電所5基分に相当する規模となります。

具体的には茨城県内の2か所にLNG=液化天然ガスの火力発電所を新たに建設することを検討しているほか、石油元売り大手などとの提携で確保したいとしています。

東京ガスの広瀬社長は「電力の競争環境はいろんなプレーヤーがおり、大変な状況になっている。自社の電源を確保しなければ、本当の意味で競争することができない」と述べました。

電力とガスの分野をめぐっては、去年からことしにかけて全面的に自由化され、業界の垣根を越えた競争が始まっていて、電力の分野で100万件近い顧客を獲得した東京ガスが発電能力を増強することで、競争は一段と激しさを増しそうです。


[PR]

# by fujinomiya_city | 2017-10-08 21:08 | 原発 | Comments(0)
2017年 10月 03日
スタンディング@富士宮 10月のスケジュール
e0242084_08522661.jpg
 スタンディング
 金曜アクショ ン@富士宮
原発は止まっていても危険です!毎年地震も起きてます!
核のゴミも一杯で処分できません。

10月の予定
第230回 6日(金)雨天中止 
第230回 13日(金雨天中止
第230回 20日(金)
第231回 27日(金)

午後6時~7時 神田川広場(浅間大社交差点南側)

利権のために命や未来を犠牲にしたくない!
電気は足りてる、どころか余ってる。全原発稼働ゼロ時の猛暑の夏も停電無かったよ。
再び放射能汚染、被ばくの危険にビクビクしながら暮らすのは嫌です。
今こそ原発のない社会を実現しよう。
みんなでアピールしよう♪
監視され国民の自由を奪う「共謀罪」も私たちは反対します!

原発廃炉・反被ばく・共謀罪廃止を願う方なら誰でも参加できます。

◇雨天中止

[PR]

# by fujinomiya_city | 2017-10-03 15:11 | アクション情報 | Comments(0)
2017年 09月 03日
「種子法廃止でどうなる?たねと食と農」@富士宮

なんと、元農水大臣で弁護士の山田正彦氏が、富士宮に来て下さいます。

「たねの支配が食を変える」をキーワードに、種子法の廃止が私たちにもたらす影響と、

これから私たちに何ができるのかを一緒に学びませんか?


「種子法廃止でどうなる?たねと食と農」


日時:2017年10月6日(金)13時30分〜15時
場所:大富士交流センター

参加費無料
申し込みは不要ですが、定員が80名ですので、ご連絡いただけると助かります。

お問い合わせ:富士山麓有機農業推進協議会(shizuoka.tanemamoru@gmail.com)

e0242084_15422839.jpg



[PR]

# by fujinomiya_city | 2017-09-03 15:43 | お知らせ・催し物など | Comments(0)