2012年 03月 29日
放射能入門講座と避難者の講演@富士川
みんなの命を守るために、知っておきたいこと!

福島原発事故から一年。私たちの生活は変わり、新しい知識が必要になりました。
ベクレルとシーベルトの違いは?
静岡は放射能汚染されたの?
内部被ばくって何?
新しい食品基準値は?
給食やガレキは、なぜ話題になっているの?
みんなで一緒にこうした基本から学んでゆきましょう。

放射能入門講座
日時:4月7日(土)13:00~
場所:富士川ふれあいホール 研修室3
(中央図書館富士川分室/富士市岩淵855番地39)

内容
・放射能入門講座

・堀川文夫先生の講演
 震災を機に35年間続けてきた塾を閉め、浪江町から富士市に移住されました。
「福島の経験を地域の皆様に伝えたい」という思いから、お話をして下さいます。

・仲間とフリートーク(情報交換や雑談など。自由参加)

お問い合わせは、メール:talk.120407@gmail.com 電話:090-1736-5974(担当・川井)
こども連れOK!です。
主催:春を呼ぶフォーラム/富士の仲間と話す会

富士川ふれあいホール
 3/31追記
主催の「富士の仲間と話す会」はブログ「市民の街」さんの呼びかけで始まりました。
参加者は富士、富士宮、掛川、静岡、清水、三島、函南と県内各地からで、
ごく普通の一般市民ばかりす。(私も参加しています)
震災後ひとりで不安に思っていた人、それを口に出して言えない環境にいる人、
何か行動したいと考える人、子どものことが心配で…など様々です。

少しでも問題を解消し暮らしを良くしたい、それにはひとりひとりが繋がって情報交換や何でも話せ
る場が必要、私はそういう思いで「富士の仲間と話す会」に参加させてもらっています。
(ブログ「市民の街」に「話す会」の様子有ります。)
堅苦しいものではなく誰でも気軽に参加できる会です。
「春を呼ぶフォーラム」は今回各地で行う勉強会を担当している実行委員です。
富士川での勉強会は近いこともあり「富士の仲間と話す会」がお手伝いさせてもらっています。

e0242084_12493253.jpg

[PR]

by fujinomiya_city | 2012-03-29 13:04 | お知らせ・催し物など | Comments(2)
Commented at 2012-04-03 04:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fujinomiya_city at 2012-04-03 22:04
鍵コメ様、こんばんは。

是非お子さん連れてご参加ください。
騒がしいのは元気な証拠、子供らしくていいことです。
床に敷く物とおもちゃと毛布と座布団を用意しております。
図書館分室で本を借りて読むこともできます。
ご遠慮なくご参加くださいね。
私は仕事等の都合で今まだ参加できるかどうかわからないのですが
スタッフはお子さんのいるお母さん方なのでご安心ください。



<< 原発運転中と停止中のリスク      県民投票の受任者(署名を集める... >>