2012年 12月 17日
ベルリンで、日本での危険な政権の誕生に抗議するデモ
ベルリンでは明日、日本での危険な政権の誕生に抗議するデモがおこなわれます。
15時半、日本大使館前にて。
http://www.antiatomberlin.de/de/aktionen.html

Aktionen
Kundgebung vor der japanischen Botschaft
e0242084_1151928.pngAtomkraftfreies Japan - SAYONARA Genpatsu

Wahlen in Japan
Forderungen an die neue Regierung

Die Vorgänge im AKW Fukushima Daiichi haben viel verändert. Die Gefahren sind noch nicht gebannt, wie der Zustand des maroden Reaktorgebäudes 4 mit seinem Abklingbecken zeigt. Herabstürzende Brennelemente würden eine noch größere Katastrophe auslösen. Die Betreuung der Gesundheit der Bevölkerung, Evakuierung und Umsetzung der Menschen in hoch verstrahlten Gebieten außerhalb des mit einem Zirkel gezogenen Radius, und viele Punkte mehr bewegen uns und vor allem die hier lebenden japanischen MitbürgerInnen.



在ベルリンジャーナリスト・梶村太一郎の反核覚え書きより転載

総選挙の結果にさっそくベルリンで脱原発抗議集会/世界中が日本の右傾化警戒の論評

 本日12月16日の日本の衆議院選挙の結果は、世界中でほぼ例外なく没落しつつある日本の右傾化の現れであると論評されています。
これはドイツのシュピーゲル誌が東京特派員による電子版での報道→「日本の選挙・強硬派がカムバックを祝う」に使われているAP配信の写真です。
Der Spiegel ,AP

この写真につけられている本文を引用しての説明は次のとおりです:

Dabei hatten in Tokio wochenlangHunderttausende Menschen gegen die Atomkraft demonstriert. Doch bei der Wahl -hier wirft ein Mädchen den Stimmzettel seiner Mutter in die Urne - spielte dieAtomkraft eine kleinere Rolle als der Wirtschaftsaufschwung und dieAußenpolitik.

東京では何週間も何十万人もの人々が原発反対のデモを続けた。しかしながら選挙では=ここでは小さな女の子が母親の投票用紙を投票箱へ入れている=原発は経済復興と外交問題よりは小さな役割しか果たさなかった。

この写真とキャプションが今回の総選挙結果の評価を象徴的に現していますので、引用しました。すなわち最悪の原発事故を起こしながら、原発問題が過小評価された総選挙での民意に、世界中が驚いているのです。
そしてこの評価は、保守から革新にいたるまでの大半のメディアでの一致した見方として、「第二次安倍政権は、祖先帰りして、借金大国の日本にさらに大借金を課そうとしており、公然と平和憲法を改悪して強行外交路線を宣言しているのは、懸念するべきことだ」と論評されています。
それら多くの中でもスイスのノイエチューリッヒ新聞の→「絶望からの停滞」と題する論評はその典型です。安倍氏の政策は経済的にも政治的にも「良くない兆候だ」としています。

総じて、フクシマの最悪の原発事故にもかかわらず、原発推進の自民党の反動右派が圧倒的多数で勝った日本に、世界中があきれているというのが実情です。 野田首相のハラキリ解散の結果今度は日本がハラキリ政権になるのではないかと危惧懸念されているわけです。
これは根拠のないことではありません。東条内閣の商工大臣で戦後戦犯となりながら、アメリカのCIAの手先として首相となった岸信介を誇りにする彼の孫安倍晋三政権が、再び古くさい借金政策と強硬外交で日本と世界を破綻に導くのではないかと危惧されるからです。
この選挙結果が日本の信用を一段と落としている事実を日本のメディアは知るべきです。アメリカよりもヨーロッパでの懸念のほうが大きいようです。

そこで、さっそくベルリンの反原発市民運動Antiatom Berlinが日本人の「さよなら原発」グループとともに、日本大使館前で集会を行い、日本の新政権にフクシマ原発の特に4号機の危険性を指摘し、周辺汚染地域からの避難と移住を促す要求書を届けます。

詳しくは以下の通りです。12月17日15時30分、ヒロシマ通り日本大使館前集合です。(あいにくわたし自身はちょうど同じ時刻に首相官邸での記者会見があり参加できませんが、矢嶋記者たちの報告に期待しますので、よろしく)

 →Kundgebungvor der japanischen Botschaft

 Atomkraftfreies Japan - SAYONARA Genpatsu

  Wahlen in Japan

Forderungen an die neueRegierung
Die Vorgänge im AKW Fukushima Daiichi haben viel verändert.Die Gefahren sind noch nicht gebannt, wie der Zustand des marodenReaktorgebäudes 4 mit seinem Abklingbecken zeigt. Herabstürzende Brennelementewürden eine noch größere Katastrophe auslösen. Die Betreuung der Gesundheit derBevölkerung, Evakuierung und Umsetzung der Menschen in hoch verstrahltenGebieten außerhalb des mit einem Zirkel gezogenen Radius, und viele Punkte mehrbewegen uns und vor allem die hier lebenden japanischen MitbürgerInnen.

Die neue Regierung muss ihre Atompläne aufgeben, raus ausdem alten Fahrwasser und den Ausbau der Erneuerbaren Energie befördern.
Wird sich die neue Regierung den Herausforderungen stellenoder hinter das „Atomdorf“ der Gruppe von Geld-Macht-Atomlobby stellen?Tausende protestieren jede Woche auch für mehr Mitbestimmung und echteVolksvertreter statt selbstgefälliger Oligarchen.
Unsere Anliegen wollen wir vor die Botschaft bringen.Schreibt Eure Forderungen auf Schilder und bringt sie mit!

Am Montag den 17.12.2012um 15:30 Uhr treffen wir uns bei der Botschaft an der Hiroshimastraße 6 undwerden auch eine Petition übergeben.
======================================
追加です。本日の日本大使館前での抗議集会の様子がビデオで見れます。
断片的ですが、→ここと、→こちら(全部で12本あります)です。




[PR]

by fujinomiya_city | 2012-12-17 01:13 | 選挙 | Comments(0)


<< 「未来の党」がない…投票台に掲...      IAEA天野事務局長と佐藤福島... >>