2013年 01月 12日
「原発ゼロ」今年も官邸へ/13年初の抗議行動
1月11日の金曜アクション、皆さん寒い中お疲れさまでした。
この日、私がネット上で数えただけでも全国95ヶ所で反原発アクションがありました。
首都圏反原発連合(反原連)主催の官邸前でも抗議行動は始まっています。
-----------------------------------------------------------
「原発ゼロ」今年も官邸へ/“推進の安倍首相 傍観できない”/13年初の抗議行動

「安倍首相! 原発やめるまで抗議の声あげ続ける」。首都圏反原発連合(反原連)は11日、今年最初となる首相官邸前抗議行動で、民意である「原発ゼロ」に逆らい、原発再稼働や新増設を推進する安倍政権に抗議の声をあげました。1万3000人(主催者発表)の参加者は、官邸前と国会正面前、ファミリーブロックで、厳しい寒さのなか、白い息をはきながら、「原発即時ゼロ」へ熱い思いを訴えました。

 官邸前では、15分間ノンストップの抗議のコールから始まりました。ドラム隊のリズムにあわせて「原発いらない」「再稼働反対」「大飯をとめろ」「大間つくるな」と声の限り唱和。「福島の事故は止まっていない。また事故が起きたら、日本は沈没する」との声もあがりました。

 国会前では、高尾山にトンネルを掘る圏央道に反対してたたかってきた男性(70)が高尾山の守り神・天狗(てんぐ)の姿で参加。「自然破壊の最たるものは原発。日本中の自然を愛する人とともに廃炉にむけて頑張りたい」と語ります。埼玉県加須市の女性は「加須市には多くの福島県双葉町の住人が避難してきています。いまだに好きなものを食べることもできず、お風呂も仮設。そんな生活がまだ続いています。怒りをこめて原発なくせの運動をさらに強くしていきましょう」と訴えました。

 ファミリーブロックでは、子ども連れの姿も。川崎市の高校生は「選挙権がないから、こういう行動やデモで原発をなくしたい」といいます。

 「原・即・廃」と書いたプラカードを掲げる東京都足立区の男性会社員(27)。「こんな寒い中きたくはない。でも、原発を推進しようとする男が首相でいる以上、傍観してるわけにはいかない。一日も早く原発ゼロを実現するまで、参加します」と話します。

 自転車で新宿区からかけつけた男性(62)は「安倍内閣のメンバーを見ると原発推進派ばかり。寒さに負けず官邸前で頑張っている様子を地元でも伝えていきたい」。

 埼玉県所沢市の女性(63)は「もしまた事故が起こったらどうするのか。原発に固執する人たちは責任をとれるのか。私たちも勉強をして周りに伝えていきたい」と語りました。
------------------------------------------------------------------------
原発の無い暮らしを実現するために、声をあげましょう。
デモや集会に参加できなくても、それぞれのやり方で自分にできる方法で「原発ゼロ」を!
e0242084_1257852.jpg

[PR]

by fujinomiya_city | 2013-01-12 12:58 | アクション情報 | Comments(0)


<< 3.9~11は「つながろうフク...      「通学デモ」小学6年生が1人で... >>