2016年 02月 23日
野菜や果物に貼られているシールの意味
野菜や果物に貼られているバーコードと商品価格識別番号(PLU)の意味。
抜粋して転載します。→ http://blogs.yahoo.co.jp/acechiroclinic/54115233.html

PLU番号には、4桁の3000番代と4000番代のA群、5桁の8で始まるB群、そして5桁の9で始まるC群の3群に分類されます。 

A群は通常の一般的な農法で作られた作物
B群は遺伝子組み換え作物(GMO)
C群は有機栽培で作られたオーガニック作物を表しています。

世界の主要先進諸国では遺伝子組み換え食物は禁止されているか、その表示が義務付けられていますが、米国では表示義務がありません。 

ロシアは発癌リスクがあるとして、米国からの遺伝子組み換え食物の輸入を禁止しています。 

実験でも遺伝子組み換え食物を餌として与えられたラットは有意に悪性を含む腫瘍の発生が確認された、という報告も複数ありますから、遺伝子組み換え食物(GMO)は避けた方が賢明でしょう。

一般的な農法のA群も、遺伝子組み換えでこそないものの、化学肥料や農薬などを大量に使用していることが考えられますから、出来れば避けたいものです。

野菜や果物を購入する際は、シールを見て番号が9で始まるオーガニックが安心、3か4で始まる一般栽培のものが避けた方が無難、8で始まるGMOは危険で絶対に避けると覚えておきましょう。 


4桁で3か4で始まる=化学肥料使用
5桁で9で始まる=有機栽培
5桁で8で始まる=遺伝子組み換え作物。

農林水産省の資料(62ページ)参照
http://www.maff.go.jp/…/kanzikai/pdf/050525_siryou12_usa.pdf

e0242084_13395791.jpg
e0242084_13462607.jpg


[PR]

by fujinomiya_city | 2016-02-23 13:52 | 食品添加物・遺伝子組換・農薬・放射能 | Comments(0)


<< あの小林節氏のお話が聴けます!      震災時に個人で10億円支援を即... >>