2017年 10月 08日
柏崎刈羽原発を再稼働する理由はなくなった!

これで東電の柏崎刈羽原発再稼働の理由はなくなったよね!


東京ガス 2020年代に発電能力3倍に 原発5基分に相当


電力の小売りに参入している東京ガスは、自前の発電能力を2020年代に今の3倍、原子力発電所5基分に相当する規模にまで増やし、電力事業を強化する方針を明らかにしました。

これは、東京ガスの広瀬道明社長が5日の記者会見で明らかにしました。それによりますと、2020年代に東京ガス自前の発電能力を今の3倍の500万キロワットにまで増強します。これは原子力発電所5基分に相当する規模となります。

具体的には茨城県内の2か所にLNG=液化天然ガスの火力発電所を新たに建設することを検討しているほか、石油元売り大手などとの提携で確保したいとしています。

東京ガスの広瀬社長は「電力の競争環境はいろんなプレーヤーがおり、大変な状況になっている。自社の電源を確保しなければ、本当の意味で競争することができない」と述べました。

電力とガスの分野をめぐっては、去年からことしにかけて全面的に自由化され、業界の垣根を越えた競争が始まっていて、電力の分野で100万件近い顧客を獲得した東京ガスが発電能力を増強することで、競争は一段と激しさを増しそうです。


[PR]

by fujinomiya_city | 2017-10-08 21:08 | 原発 | Comments(0)


<< 『柏崎刈羽原発の審査書案』パブコメ!      スタンディング@富士宮 10月... >>