カテゴリ:健康・被曝( 23 )

2017年 11月 22日
砂糖の有害性、業界団体が50年隠す?
砂糖の有害性、業界団体が50年隠す? 米研究者が調査
http://a.msn.com/01/ja-jp/BBFtx7b?ocid=st

砂糖の取りすぎの有害性について指摘しようとした研究を、米国の砂糖業界が50年前に打ち切り、結果を公表しなかった――。

こんな経緯を明かした論文が21日付の米科学誌「プロス・バイオロジー」(電子版)に掲載された。

業界が利益を守るために否定的な研究を隠すことで、長期間にわたり消費者をだましてきたとしている。

 米カリフォルニア大サンフランシスコ校の研究者が、米イリノイ大などに保管されていた業界団体「糖類研究財団」(現・砂糖協会)の
内部文書を調べ、明らかにした。

 論文によると、でんぷんの炭水化物に比べ、砂糖は心臓に有害だとする研究発表が1960年代に出始めた。

懸念した財団幹部が68年、英バーミンガム大の研究者に資金提供して、ラットで影響を調べたところ、

砂糖の主成分のショ糖を与えると、動脈硬化と膀胱(ぼうこう)がんにかかわる酵素が多く作られることが分かった。

腸内細菌の代謝により、コレステロールや中性脂肪ができることも確認できそうだった。

 研究者は確証を得るため、研究の延長を求めたが、財団は資金を打ち切り、成果は公表されなかったという。

70年の内部報告で、当時の幹部は「研究は業界にとって有益で意義のある情報を引き出すべきだ」と述べ、

有害性を示唆した研究の価値は「無」だとしている。

 今回の論文について砂糖協会は「50年前の出来事について、推測と仮定をまとめたものだ」と批判。研究の存在は認めつつ、

予算や期限が超過したため打ち切られたとしている。

(ワシントン=香取啓介)

e0242084_20562462.jpg

e0242084_20563277.jpg


[PR]

by fujinomiya_city | 2017-11-22 20:57 | 健康・被曝 | Comments(0)
2016年 09月 11日
抗菌せっけん、米でも販売禁止
【ワシントン=川合智之】米食品医薬品局(FDA)は2016年9月2日、抗菌作用のあるトリクロサンなど19種類の殺菌剤を含む抗菌せっけんやボディーソープなどを販売禁止にすると発表した。
通常のせっけんより殺菌効果があるという根拠がなく、長期使用の安全性も検証されていないとしている。

 一部の米企業はこうした殺菌剤の使用をすでに中止した。

トリクロサンを含む製品が多く流通している日本でも影響が出そうだ。


 規制対象となったのはトリクロサン、トリクロカルバンといった殺菌剤を含むせっけんやハンドソープ、ボディーソープなど。トリクロサンは殺菌効果などをうたう液体抗菌製品の93%に含まれており、2千種以上が販売されているという。

 FDAは「消費者は抗菌せっけんは細菌の増殖を防ぐのにより効果があると考えがちだが、通常のせっけんと水より有効だという科学的根拠はない」と指摘した。

さらに「殺菌剤は長期的に利点よりも有害となりうる可能性があるとの指摘もある」と警告した。


 一部の研究によると、殺菌剤を使うことで耐性菌が増えるリスクがあるほか、ホルモンの働きを阻害するなど健康への影響を懸念する意見もある。

FDAは2013年、衛生製品メーカーに、トリクロサンなどの有効性と安全性のデータを提出するよう要請し、販売規制の是非を検討してきた。

 今回の規制対象に消毒液や医療機関向けの製品は含まれていない。

FDAは通常のせっけんと水による手洗いを推奨しており、せっけんがない環境ではアルコール消毒液の使用を勧めている。


 トリクロサンは抗菌成分を持つ物質として、多くの日用品に含まれている。

米国ではトリクロサンを含むせっけんが40年以上前から市販されている。

日本では1990年代に病原性大腸菌O157の被害が広がると抗菌剤に注目が集まり、トリクロサンが配合された薬用せっけんなども広く使われるようになった。

ソース元:日本経済新聞 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG03H1D_T00C16A9CR0000/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

トリクロサンはEUでは既に使用禁止となっている。

シャンプーやハンドソープ、歯磨き粉、マウスウォッシュ、等で使用することにより、トリクロサンを皮膚を通して体内に取り込んでしまう。
分解されにくく体内のホルモンをかく乱する環境ホルモン作用があり、
筋収縮異常、免疫力の低下、甲状腺や生殖機能の成長の阻害、発達機能の異常などを及ぼす危険性も指摘されている。


日本でも調査をするようだが規制の緩さ等が心配

厚労省、薬用せっけんの実態調査へ 米での販売禁止受け

米食品医薬品局(FDA)が抗菌作用のあるトリクロサンなど19種類の成分を含むせっけんの販売を禁止する声明を出したことを受け、厚生労働省は国内で流通している「薬用せっけん」の実態調査に乗り出す。菅義偉官房長官は7日午後の記者会見で「日本においても同様の成分を含む商品の確認を早急に実施し、とるべき措置について検討を行っていく」と述べた。【朝日新聞2016.9.7.】


今のところ日本ではアメリカの19種類のうちトリクロサンとトリクロカルバンの2種類が殆どのようで、日本の企業も成分を変更して対応を始めていますが念のため、シャンプーやハンドソープ、歯磨き粉、マウスウォッシュ等抗菌、殺菌をうたっている物は必ず成分を確認しましょう!




[PR]

by fujinomiya_city | 2016-09-11 07:30 | 健康・被曝 | Comments(0)
2016年 05月 05日
花王ハンドソープ『ビオレU』はEUで使用禁止の殺菌成分「トリクロサン」入り
花王ハンドソープ『ビオレU』はEUで使用禁止の殺菌成分「トリクロサン」入り
環境ホルモン作用、皮膚に浸透

植田武智

リンク先より転載します。http://www.mynewsjapan.com/reports/2185 

殺菌・消毒効果をうたった薬用石けん・ハンドソープに使われる有効成分「トリクロサン」が、EUで使用禁止された。
欧州連合の専門機関である欧州化学機関が6月25日に決定した。(2015)

薬用石けんは、普通の石けんと比べても感染症予防効果に差はなく、逆に耐性菌を発生させるリスクが上がる研究結果が
示されており、トリクロサンには環境ホルモン作用が指摘され、皮膚を通して体内に取り込むこともわかっている。
そのためP&GやJ&Jなど海外の大手トイレタリー企業はすでに使用中止を表明。

一方、日本では花王「ビオレU」やマンダム「ルシード」など薬用ソープやシャンプーで相変わらず使用中だ。

歯磨き粉やマウスウォッシュなどは歯肉炎予防効果があるとして海外でも使用されているが、
欧州では安全性に懸念ありとして2014年に配合濃度上限値を下げた。

日本では、配合上限規制がなく、企業も企業秘密扱いで情報開示しない。(トリクロサンを使った薬用石けん・ハンドソープ、マウスウォッシュ・歯磨き粉の一覧表付き)「薬用:殺菌・消毒」と表示されており、あたかも殺菌成分が無いと効果が無いように思わせている。

しかし風邪や下痢をはじめとする感染症予防に、薬用石けんは本当に有効なのか? 

海外で行われた数百人規模での薬用石けんと普通のせっけんを使い続けたグループを比べた4件の調査で、
感染症の発症頻度を調べた結果、普通のせっけんと比べて効果の差はみられなかった。
 
普通のせっけんでも流水でよく洗うことで細菌やウイルスは洗い流されるので、十分効果があるということだ。

 効果が無いだけならばまだよいのだが、これらの調査では、殺菌剤入りの薬用石けんを使い続けることで、
一部の細菌が耐性を獲得し、さらにトリクロサン以外の殺菌成分や抗生物質へ耐性をもった菌を増やす可能性も示されている。 
さらにトリクロサンは、分解されにくく、体内のホルモンをかく乱する環境ホルモン作用が指摘され、
海外では大きな問題になっている。 欧州連合では、農業用途以外の殺虫剤・殺菌剤を規制する法律が存在する。

「殺生物剤規制」といい、人間用の衛生用品や、家具やカーペット消毒など用途によって使える成分を規制している。

 この殺生物剤規制を所管する欧州化学機関(ECHA)という専門機関が6月25日、人の皮膚へ直接塗ることによる殺菌効果を目的とする衛生用品へのトリクロサンの使用を禁止する決定を下した。
e0242084_15092372.jpg
e0242084_15093497.jpg


[PR]

by fujinomiya_city | 2016-05-05 15:09 | 健康・被曝 | Comments(0)
2015年 11月 01日
【訃報】琉球大学・野原千代さん ヤマトシジミの研究
ヤマトシジミの内部被曝の研究をされている野原千代さん(60歳)が急性心不全で亡くなられました。(2015年10月28日)
蝶の採集のために高濃度汚染地区に入ったことなどが影響したのでしょうか。
とても残念でなりません。

魂が安らかでありますようにお祈りいたします。

野原千代さん:
福島からは全員避難してほしいです
やりなおしのきかないリスクです...

お母さん方が後で福島に残ったことを後悔するようなことになってほしくないです
それが私が調査を続けている動機です。



チョウチョのごはんがどこの葉っぱだったか。
親も子も沖縄の葉っぱのごはんの生存率
(沖縄 沖縄) 83.5%
親も子も郡山の葉っぱのごはんの生存率 ...
(郡山 郡山) 16.7%
郡山からごはんを沖縄にした子どもの生存率
(郡山 沖縄) 88.3%
逆に親が沖縄のごはんだったのに、子どもが郡山のごはんになっちゃうと
(沖縄 郡山) 20.9%
  
ごはんが汚染の無いものを食べているかどうかは、とても影響が大きいのがわかりますよね。あとは呼吸からのものも大きいと言われています。少なくとも内部被ばくの1/.3~多く影響のある人で8割も。
お子さんは身体を作っている最中ですから影響も大きいそうです。
  
この↓データ↓は、そういう意味なんです・・・
小さいチョウチョのことですが、影響を受けるのがチョウチョだけだと考えるほうが、無理があるのでは。。。
------------------------------------
*ヤマトシジミの次世代影響
カタバミ積算量:沖縄0.1bq、郡山71bq 、本宮98.2bq  
親  子  生存率
沖縄 沖縄 83.5(%)
郡山 沖縄 88.3
沖縄 郡山 20.9
郡山 郡山 16.7
本宮 沖縄 73.7
沖縄 本宮 10.1
本宮 本宮  0.8

=============
以下補足します。
このヤマトシジミという小さなチョウチョは、カタバミという種類の草(葉っぱ)しか、食べないのです。各地のカタバミを送ってもらってエサ(ごはん)として与え、それぞれ産地別のカタバミを食べた親と、その子どものデータです。親も子も共に自分の食べたものの影響を受けるということがよくわかります。また遺伝もするという研究結果も出ています。食べ物には汚染の無い物を選ぶことがとても大事だという研究結果なのです。

この研究をまとめられたのが、先日亡くなった野原千代さん。
東京での貴重な講演の様子が動画になっています。是非ご覧ください。
エピソードがたくさん。わかりやすいです。(約2時間)
https://www.youtube.com/watch…


[PR]

by fujinomiya_city | 2015-11-01 18:00 | 健康・被曝 | Comments(0)
2015年 10月 27日
福島の癌は異常発生、小児甲状腺がんが50倍に激増!岡山大学
福島の癌は異常発生、岡山大学の津田敏秀教授らが記者会見!小児甲状腺がんが50倍に激増と指摘!
「被ばく対策を」http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=308554&g=131208
以下転載

福島の癌が異常発生している。特に子供の癌発生はチェルノブイリの事例からくらべてもはるかに異常だ。
ネットではよくとりあげられており、ほぼ事実として常識化している。

行政は意図的に甲状腺癌発症率を誤魔化している
リンク

あまりにも無責任すぎる!原子力規制委員会の正体その4~東京を含む東日本地域住民の内部被曝は極めて深刻だ リンク


しかし国や大手マスコミは、しかと状態で、余程国はこの事実を隠蔽したいのだろうか。

以下記事は此方から転載しました。
☆「福島の甲状腺がんは過剰発生」――岡山大教授らが論文
URL リンク

引用:
岡山大学の津田敏秀教授らのチームが執筆した、福島県内での甲状腺がん発生に関する疫学論文が7日、国際的な疫学論文雑誌の電子版に掲載された。

論文は、18才以下の福島県民を対象とした甲状腺スクリーニング検査の結果を分析し、甲状腺がんの過剰発生を指摘するもの。

これを受けて津田教授は8日、都内で会見に臨み、今後予想される甲状腺がんの増加に備えて「考え方や情報発信のあり方を改めるべきだ」と訴えた。
(オルタナ編集委員=斉藤円華)



[PR]

by fujinomiya_city | 2015-10-27 00:04 | 健康・被曝 | Comments(0)
2015年 10月 26日
「地球上で最も放射能がキツい場所とは・・・」
こちらhttp://tsguide.jp/?p=1889より転載します。

「地球上で最も放射能がキツい場所とは・・・」

このトップ10が公開され、話題となっている。

チェルノブイリや福島は知っている人も多いと思うが、

それ以外の場所でも実は様々な場所で原発事故が発生し、

今でも放射能が漏れているというのだ。

「原発は安全」

という言葉は一体なんだったのか・・・

それでは、ランキングを見てみよう。

※このデータは、IAEA等の公式見解ではありません。ご了承ください。

第10位:ハンフォード(アメリカ)

10

第9位:地中海

9

原発ではなく、放射性物質を乗せた船が

1994年に消息を絶っている事件があるそうです。

この事件は一切明らかにされず、謎とされております。

第8位:ソマリア海岸

8

ソマリア海域に政府によって

放射性核廃棄物が捨てられたのではないかと疑われております。

第7位:マヤック(ロシア)

7

1957年9月29日、ソ連ウラル地方チェリャビンスク州で発生した

ウラル核惨事と呼ばれる原子力事故によるものです。

第6位:セラフィールド(イギリス)

6

イギリスの西海岸に存在しており、

何度も事故を起こしており、地域住民からの反発も非常に大きい地域だ。

第5位:シベリア化学工場(ロシア)

5

シベリアには40年間以上核廃棄物を保存している化学工場があるらしい。

しかも保存状態はかんばしくなく、

徐々に放射能が漏えいしていると言われている。

第4位:ポリゴン(カザフスタン)

4

ソ連の核実験施設として利用され

多くの放射能を撒き散らしている。

第3位:マイルースー(キルギスタン)

3

ウランなどの産出の為に鉱山として利用されているが、

地震などの影響により崩壊し

汚染された水が川に流れ出しており、危険だと言う。

第2位:チェルノブイリ(ロシア)

2

ココで出てきてしまった、チェルノブイリ。

25年以上経過した今もなお放射能を撒き散らしている。

福島の事故が起こる前は唯一のレベル7の原発事故だった。

第1位:福島(日本)

1

チェルノブイリ原発事故を抑えて、

1位を飾ってしまった不名誉な原発事故を抱えた福島。

何より恐ろしいのが、今もなお高濃度の放射能がまきちらされているであろう、

という推測にしか過ぎない情況であり、

情報の統制がとれていない状況であること。

チェルノブイリと同様、徐々にその情況が明らかになるのだろう。

さて、今回のトップ10は残念なことに日本が1位を飾ってしまった。

しかし冒頭で述べたようにIAEA等が出したデータではなく、

あくまで海外ではそう思っているという文献に過ぎないので

順位の信憑性は謎だが、海外ではそう思われていると言うのも残念なことだ。

今後我々が願うのは、福島の事故以上の原発事故が発生しないことと、

万が一発生した場合直ちに情報を公開し

いち早く国民に状況を知らせるという体制を作って欲しいということだ。


[PR]

by fujinomiya_city | 2015-10-26 11:57 | 健康・被曝 | Comments(0)
2015年 04月 01日
「無痛整体 しんしん」オープン♪

富士宮に「無痛整体しんしん」がオープンします。


以下転載

-----------------------------------------------------
このたび「無痛整体しんしん」は、
富士宮市大宮町のフジビジョンの3Fに
店舗を構えさせていただくことになりまして、
4/3(金)より、本格営業を開始いたします。
 
 
つきましては、新規OPENといたしまして
「4月限定」で、下記イベントを行います。
 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
【期間】
4/3(金)~30(木)
 
【内容】
◎初回通常6000円を… 「1000円」!

◎2回目以降(4月中)通常4000円を… 「2000円」!
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

にて提供させていただきます!!m(_ _)m

【なぜイベント開催?】

まだまだ、馴染みの少ない「無痛自然療法」の整体を、
一人でも多くの方に知っていただきたく思っております。

また、新規のお店でもありますので、
一体どんなことをするのか、
どんな人がやっているのか、
大切なお身体を預けていただくにあたり、
ご心配が多々あるかと思います。

そこで、今月に限り
体験していただきやすいよう、この価格に設定させていただきました。

【こんな方へおすすめです】

整体のイメージとしては、肩こり、腰痛等が一般的だと思いますが、
当院は、上記等の症状への対応だけでなく、

主に、「自律神経」「慢性症状」の専門とさせていただいております。
 

例を挙げますと…

不眠、めまい、パニック、耳なり、頭痛、動悸、慢性疲労、

そして、

「病院の検査でも異常無し」と診断されたけど、
辛い症状のある方、等々です。

さらに、予防として受けていただくのにも最適な療法です。
 
 
その他、詳細は
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
HP
www.shin2seitai.com

Facebookページ
www.facebook.com/shin2seitai
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
をご確認いただけますと幸いです。

※尚、当療法は、基本的に効果を実感できるのが、
非常にゆっくりなのも、一つの特徴です。
もちろん個人差がありますので、
施術後、すぐに実感できるかた、そうでないかた、様々です。
そのあたりもご理解いただけますと幸いです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます!!!
 

【最後にお願いがあります】

また、大変恐縮ですが、
できましたら、こちらの記事をシェアしていだけますと嬉しいです。
 
もしかすると、
あなたのお知り合いの、何らかの不調に悩む方の
お役に立てるかもしれません。
そのような方々に、是非体験していただきたく思っております。

 
どうぞよろしくお願いいたします。
 

**************************************
自律神経と慢性症状専門整体院
無痛整体しんしん
相澤真也
www.shin2seitai.com
www.facebook.com/shin2seitai
**************************************


[PR]

by fujinomiya_city | 2015-04-01 09:10 | 健康・被曝 | Comments(0)
2014年 09月 25日
子宮頸がんワクチン「重い副作用1112件」

認可されていることと安全性は別です。全ての予防接種について調べよく考えて判断しましょう。


子宮頸がんワクチン「重い副作用1112件」難病治療研究振興財団研究チームが分析 

2014.9.13 22:51
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140913/bdy14091322510006-n1.htm

 国による接種の呼びかけが中止されている子宮頸がんワクチンで、難病治療研究振興財団の研究チームは13日、

厚生労働省に寄せられた約2500件の副作用報告を調べた結果、1112件の重い副作用が出ていたとする

独自の分析を発表した。

 厚生労働省に重い副作用として医師から報告が寄せられたのは617件だが、症状を幅広く認定した結果、

数が増えたとみられる。

 チームは内科、神経内科や小児科など専門医ら約7人で構成。けいれんや歩行障害、記憶障害などの

中枢神経系の障害、視力や聴力の低下などの感覚器異常、広範囲の体の痛みなどを重い副作用と判定。

約45%に当たる1112件が該当したという。



[PR]

by fujinomiya_city | 2014-09-25 10:19 | 健康・被曝 | Comments(0)
2014年 07月 18日
アトピー肌によもぎローション
昔々の話になりますが、子どもが通っていた保育園にアトピー性皮膚炎の子どもたちがおおぜいいて

園の保育士さんたちがよもぎローションを手作りして使っていました。

効果は抜群で、かゆみや赤みがおさまってかなりよくなっていました。殆どの子どもたちに新たな湿疹が出ることはなくなっていました。

その時のよもぎローションと同じレシピはわからないのですが、検索するとやはり今もよもぎローションの効果は大きいようでレシピが出てきます。探してみてください。


作り方は麦茶の要領です。よもぎの葉は春のものが一番良いようです。

よもぎの葉を水で洗う

土鍋、土瓶に入れ、煮汁を作る

フキンでこして冷ます


必ず使用前に、耳のうしろなど皮膚の柔らかい健康な肌で試して、異常がないことを確認してください。

ヨモギ 量の目安としては生だと100g 乾燥では50g
水  600cc
土鍋など金属製ではない鍋で煮ること
フキンでこしてしぼります
冷まして冷蔵庫に(冷凍保存もできる)
煮だしたあとのヨモギはお茶パックに入れてお風呂に使えます。
残った生の葉は一週間ほど乾燥させて保存しておけばまたローションの材料に使えます。


[PR]

by fujinomiya_city | 2014-07-18 09:06 | 健康・被曝 | Comments(0)
2014年 05月 27日
『チェルノブイリ28年目の子どもたち』から考える日本の子どもたちの未来

政府がIAEAが何を言おうとも、年間被ばく線量1ミリシーベルトの意味を現実が物語っています。
その重要性を今更ながら改めて思い知らされました。

チェルノブイリ原発から約140キロに位置するコロステン市では、人口66000人のうち実に57000人が「チェルノブイリ法」により補助を受けています。

原発事故後に生まれた子どもたちの殆どが何らかの健康問題を抱えているのです。
例えば、コロステン第12学校では体育の授業の際に645人の生徒のうち健康な子どもが参加する基本グループは157人、24%で、
76%は疾患や障害を持っているため配慮が必要なのです。これは明らかに異常なことで深刻な事態です。

ウクライナでは事故から5年後に「チェルノブイリ法」ができ、学校では授業の短縮や汚染されていない給食の提供、健康診断を行っていて、問題があれば病院で検査や治療を受けます。
保養プログラムは、一年を通して実施、一回に21日~28日間保養休暇をとります。これらは現在も続けられています。
このように事故後長期にわたって様々な取り組み、支援が行われてきたにも関わらず、子どもたちの殆どが疾患を抱えているのです。

コロステン市の人々がチェルノブイリ原発事故後25年間に浴びた積算被ばく線量は15~25ミリシーベルトで、年間にすると1ミリシーベルトかそれ以下になります。事故から25年後の空間線量は0.06μSv/h~0.1μSv/hほどです。

日本でも同程度の汚染地域は広く分布しています。東京もコロステン市と同等レベルまで汚染されています。
このまま汚染地域に暮らし続ければ、子どもたちの未来がどうなるか、ウクライナの現実を見れば分かります。
汚染されていない食べ物を選んでいても、長期保養に参加しても、被ばくの影響から子どもたちを守ることはできないのです。汚染地域に住んでいる限りは。

日本政府は「100mSv以下の低線量については、いまだ解明されておらず」と言い、年間20ミリシーベルトという高い放射線量を避難基準とし、帰還政策を進めています。しかし、それは明らかに間違いであることをウクライナの現実は教えてくれています。

皆それぞれに考えも事情もあることでしょう。
これは私の願いです。
汚染地域から出たい、出ようかと少しでも考えたことがあるならば、また今は違ってもこれから先そういう気持ちになることがあったなら、
すぐに避難できなくても諦めずに行動して欲しいと願います。
避難先や仕事を探しています、それらをサポートする機関や人を探していますと、SOSを発信してほしいと願います。
けれども私は避難できないこと、避難しないことが悪いことだと言っているのではありません。
汚染地域で暮らすことが必ずしも不幸とは限らないとも考えます。
子どもたちの健やかな成長と希望のある未来を望むなら、日本のどこで暮らすにしても、
現実から目をそらさずに少しでも被ばく被害を防ぐ努力が必要なのは確かです。


[PR]

by fujinomiya_city | 2014-05-27 22:31 | 健康・被曝 | Comments(0)