カテゴリ:パブリックコメント( 17 )

2015年 05月 01日
富士宮市がメガソーラー規制条例案(パブコメ募集)

富士宮市がパブリックコメントを募集しています。締切は5月31日
詳細は富士宮市HPをご覧ください。→http://www.city.fujinomiya.shizuoka.jp/municipal_government/sf2plr0000002hkd.html

読売新聞より転載します。 http://www.yomiuri.co.jp/local/shizuoka/news/20150430-OYTNT50119.html?from=tw
富士宮市がメガソーラー規制条例案

e0242084_08394352.jpg
■富士景観保全、市民らの意見募集

 富士宮市は30日、建設場所によっては富士山の景観を損ねる恐れがあるメガソーラー(大規模太陽光発電設備)を規制する市条例案の骨子を発表し、5月1~31日にパブリックコメントを実施することを明らかにした。
市は市民や利害関係者から募集した意見を参考に、条例案を市議会6月定例会に提出する方針だ。

 「(仮称)富士宮市富士山景観及び自然環境と再生可能エネルギー発電設備設置事業との調和に関する条例案」の骨子では、市は優れた景観や自然環境などを保つ区域を、発電事業の抑制区域に設定できる。

 太陽光発電パネル総面積が1000平方メートル以上のメガソーラーや高さ10メートル以上の風力発電設備を設置する事業者は、事前に市に届け出て同意を得る必要があるが、設備が抑制区域にある場合、市は原則、同意を与えない。また、この条例は、屋上設置型のメガソーラーには適用されない。

 市によると、抑制区域は、同市北部に広がる富士山の景勝地・朝霧高原を始め、市が2012年9月から事業者に建設自粛を求めてきた地域約290平方キロ・メートルを想定しているという。市の総面積の75%にあたる。

 パブリックコメントの対象は市内在住または通勤、通学している人、利害関係のある人など。

意見書の提出は、住所、氏名など必要事項を明記の上、郵送またはファクス(0544・22・1206)、電子メール(kikaku@city.fujinomiya.lg.jp)で、富士宮市未来企画課地域政策推進室へ。問い合わせは同室(0544・22・1215)へ。


[PR]

by fujinomiya_city | 2015-05-01 08:37 | パブリックコメント | Comments(0)
2015年 04月 03日
まだ間に合う!『原子力災害対策に関するパブコメ』本日4/3締切
mixiハラコーさんの記事を転載します。

e0242084_14093025.jpg
原子力災害対策指針(改定原案)及び原子力災害対策特別措置法に基づき原子力防災管理者が通報すべき事象等に関する規則の一部を改正する規則(案)に対する意見募集について
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=198252321&Mode=0

一言で言うと、原発事故が起きた時にSPEEDIを活用せず、実測で対応策を決めろというトンデモナイものですダッシュ(走り出す様)

「SPEEDIをちゃんと活用しろ!」の一言でもいいので、書いて送りましょうペン

以下は私が書いたパブコメです。


【意見】

緊急時の住民の被曝防護において、最も重要だと思われる「SPEEDIのような大気中拡散シミュレーションの活用」の記述が削除されているが、削除してはいけない。緊急時はSPEEDI等のシミュレーションを活用してこそ、迅速に対応策を出すことができ、住民を被 曝から守ることができる。
 
 元指針においても、「プルーム通過時の防護措置としては、放射性物質の吸引等を避けるための屋内退避や安定ヨウ素剤の服用など、状況に応じた追加の防護措置を講じる必要が生じる場合もある。また、プルームについては、空間放射線量率の測定だけでは通過時しか把握できず、その到達以前に防護措置を講じることは困難である。このため、放射性物質が放出される前に原子力施設の状況に応じて、UPZ外においても防護措置の実施の準備が必要となる場合がある」と、実測だけでは防護措置を講じることが困難だと認めているにもかかわらず、何故今回の改定案では、この部分を丸ごと否定するような真似をしたのか?

 福島第一原子力発電所の事故においては、SPEEDIの計算結果をきちんと公表していれば、飯舘村の住民が高線量の放射能プルームに襲われて、何日もそこに留まって被曝するというような悲劇は起きなかったはずだ。規制委員会は、今度何かあっても「飯舘村のように被曝しろ」とでも言いたいのか。規制委は、何よりも住民の被曝回避を第一に考え、SPEEDI等の大気中拡散シミュレーションの活用をすべきである。

【以上】

(参考にしたサイト)

新潟県HP
http://www.pref.niigata.lg.jp/genshiryoku/1356808389326.html

グリーンピース・ジャパン
http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/staff/43speedi/blog/52423/


■南相馬住民が国提訴へ 避難勧奨地点解除「法に反する」
(朝日新聞デジタル - 04月01日 11:24)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=3349571



[PR]

by fujinomiya_city | 2015-04-03 14:09 | パブリックコメント | Comments(0)
2015年 02月 10日
住環境や空き家対策など、パブコメ募集!

富士宮市では、住環境や空き家対策など、パブコメ制度で意見を募集しています。

以下広報より転載

パブリックコメント
「富士宮市住生活基本計画」策定に関する意見募集

市では、住生活基本法(※) に基づき、住生活の安定の確保及び向上の促進に関する施策を総合的かつ計画的に推進するため、

「富士宮市住生活基本計画」を策定します。これに伴い、計画案について皆さんのご意見を募集します。


募集期間:2月10日(火)~3月10日(火)
資料閲覧場所:市ホームページ、市役所1階 行政資料コーナー、市役所5階 住宅営繕課、各出張所、各公民館、各図書館
対象者:○市内在住または在勤の人で、市税納税義務のある人
    ○市内に事業所(住宅・建築関係)などをもつ個人、法人、その他団体
提出方法:適宜用紙(様式は問いません)に計画案についてのご意見、住所、氏名または団体名、電話番号を明記し、

郵送・ファックス・Eメール・市ホームページからの電子申請、または、

住宅営繕課窓口に直接のいずれかの方法で提出してください。

※住生活基本法とは平成18年に公布・施行され、国民の住まいを中心とした生活が豊かなものになるよう、その基本理念、

国や市の責務、住生活基本計画の策定のほか、住生活の基本となることを定めた法律。
問い合わせ 住宅営繕課 住宅管理係  TEL0544-22-1163  FAX0544-22-1208 
Eメールjutaku@city.fujinomiya.lg.jp

その他詳細はこちら http://www.city.fujinomiya.shizuoka.jp/municipal_government/sceu1h00000058ui.html


[PR]

by fujinomiya_city | 2015-02-10 13:43 | パブリックコメント | Comments(0)
2015年 02月 10日
「富士宮市子ども・子育て支援事業計画(案)」に対して意見を募集しています。
【パブコメ】
富士宮市が「富士宮市子ども・子育て支援事業計画(案)」に対して意見を募集しています。
締切2/17
詳細は富士宮市HPをご覧ください。→ http://www.city.fujinomiya.shizuoka.jp/municipal_government/sceu1h0000004qsk.html

「子ども・子育て支援新制度」が平成27年4月から始まります。
これを前に、富士宮市では、『子どもと親の笑顔があふれるまち』を目指し、
「質の高い幼児期の学校教育・保育の総合的な提供」、「保育の量的拡大・確保」、
「地域の子ども・子育て支援の充実」について、
平成27年度から平成31年度までの5年間における施策の方向性を示す、
「富士宮市子ども・子育て支援事業計画」の策定を」進めてまいりました。
このたびその素案が完成しましたのでこれを公表します。
よりよい計画となるよう、市民の皆さんのご意見をお寄せください。


[PR]

by fujinomiya_city | 2015-02-10 13:39 | パブリックコメント | Comments(0)
2014年 10月 15日
静岡のリニア・パブコメ100%反対!
松谷 清(静岡市議)さんからの投稿(FB)

<静岡市第三次総合計画 リニア新幹線パブコメ結果公表される>

本日の静岡市議会最終日に、第三次総合計画骨子案へのパブコメ結果が公表されました。
応募205人、テーマ304件。その中のリニアへの応募は47件、全部が反対意見であったとのことです。
尚、本日の決算審査での南アルプス・エコパークに関する討論の一部も紹介させていただきます。

※※この流れに沿うなら、今年度6月に南アルプスのユネスコ・エコパークが実現したという点で
監査委員同様に評価するものであります。
田辺市長は「世界の公共財産となった南アルプス」を後世に、全世界に伝えていくために
「ユネスコ・エコパークとの整合を図ることは絶対の条件」とした市議会決議を活かし、
水資源の三次元調査含む環境調査や林道条例の準備、リニア新幹線パブコメなど建設を急ぐJR東海に対して
強いリーダーシップを発揮し厳しい姿勢をとり続けています。

南アルプスの自然環境に心を寄せる1都6県の多くの市民・県民から高い評価を受けております。
本会議場で配布された第三次総合計画骨子案のパブコメの中のリニア新幹線について47件の応募があり、
全員が反対とのことです。私は、10月10日の大井川の水減少に関わる7市2町の首長、議長と一緒になった
南アルプス現地調査を生物多様性cop12が開催されている韓国ピョンチャンにて西原牧之原市長のfacebookで
知り感激しました。

尚、昨日13日ピョンチャンにおいて、リニア新幹線の南アルプスへの巨大開発が愛知ターゲットに違反してい
ることが日韓市民団体の共同の記者会見で表明されていることを紹介しておきたいと思います。

FB→
https://www.facebook.com/kmatsuya1/posts/785492141496998?notif_t=close_friend_activity

☆牧之原市西原市長の投稿はこちら
https://www.facebook.com/shigeki.nishihara.73/posts/489688734506033


e0242084_17243982.jpg
e0242084_17242203.jpg

[PR]

by fujinomiya_city | 2014-10-15 17:26 | パブリックコメント | Comments(0)
2014年 09月 20日
リニア新幹線建設着工についてパブリックコメント募集中!

静岡市がリニア中央新幹線建設事業着工についてパブリックコメントを募集中です!
  
静岡市のHPより転載 中央新幹線

(リニア)建設事業の工事着工についてご意見をお寄せください。
  
 中央新幹線建設事業に当たっては、南アルプスの自然環境と地域住民の生活環境の保全を図ることが重要であると考えております。  

 
 南アルプスの貴重な自然環境を守るためには、多くの市民により十分な議論を行い、万全の環境保全対策が図られることが確認された上で、事業を進めるべきです。

  
 一度失われた自然は元に戻らないのです!
  
 つきましては、現在策定中の「第3次静岡市総合計画骨子案(※)」のパブリックコメントを活用して、市民の皆さんのご意見を募集します。
   
詳細は↓
http://www.city.shizuoka.jp/deps/kankyou-soumu/riniaiken.html
   
☆ご意見はこちらから   
   
『第3次静岡市総合計画 骨子(案)』パブリックコメント
http://www.city.shizuoka.jp/deps/kikaku/3jisou_pubcom.html

パソコン、携帯から送る方は
http://www.shinsei.elg-front.jp/shizuoka/navi/procInfo.do?govCode=22100&procCode=1001871

期間 平成26年9月3日(水)から平成26年10月2日(木)まで
(郵送の場合、平成26年10月2日の消印有効)



[PR]

by fujinomiya_city | 2014-09-20 20:51 | パブリックコメント | Comments(0)
2014年 08月 10日
川内原発パブコメ締切間近!今、あなたの声が必要です!!
パブコメ締切間近!今、あなたの声が必要です!!

川内原発の再稼働が止まれば、他に申請されている17基の原発の再稼働を止める、大きな流れができます。

グリーンピースジャパンより転載 http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/staff/blog/50218/



パブコメの出し方 3通り

政府のウェブのフォームから こちらのサイトに行き、→ http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=198252311&Mode=0
下までスクロールして、下のほうにある茶色の「意見提出フォーム へ」ボタンをクリックして出てくる、フォームにご記入ください。2000文字まで、となっていますが何通でも出せますので、2000文字を超える場合は、何回かに分けて提出してください。

FAXで 「意見提出用紙」に記入、または、この用紙の要領でワープロ書きなどしたものを 03-5114-2179 (原子力規制庁)へFAXしてください

郵送で 「意見提出用紙」に記入、または、この用紙の要領でワープロ書きなどしたものを、下記へ送ってください。
〒106-8450 東京都港区六本木1-9-9 六本木ファーストビル 原子力規制庁 原子力規制部 安全規制管理官(PWR担当)付 パブリックコメント担当者宛て

【締切】 2014年8月15日(金)(郵送は15日必着、FAX、ウェブフォームは日付が変わる夜中の12時より前に出してください)

「審査書案」はこちらのサイトの「関連情報」からダウンロードできます。→ http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=198252311&Mode=0

パブコメの参考に→ 静岡新聞 時評(2014年4月30日) 小山真人(静岡大学防災総合センター教授)"原発安全審査への疑問”
http://sk01.ed.shizuoka.ac.jp/koyama/public_html/etc/opinion/jihyo60.html


[PR]

by fujinomiya_city | 2014-08-10 12:11 | パブリックコメント | Comments(0)
2014年 07月 26日
ネオニコチノイド農薬がまたもや規制緩和? パブコメ募集しています。締切7/31
ネオニコチノイド農薬がまたもや規制緩和?
パブコメ募集しています。締切7月31日です。みなさんも是非コメントを送ってください。

「クロチアニジンに係る食品健康影響評価に関する審議結果(案)についての意見・情報の募集」
内閣府のフォームはこちら→ https://form.cao.go.jp/shokuhin/opinion-0628.html

「科学的な内容に関する意見・情報を募集いたします」と書いてあります。でも、科学的なものしか出してはいけない、と考える必要はありません。なぜなら、パブリックコメントの目的は「広く一般から意見を募り、その意見を考慮することにより、行政運営の公正さの確保と透明性の向上を図り、国民の権利利益の保護に役立てること」(総務省法務ページより)だからです。

提出先は
宛先内閣府食品安全委員会事務局評価第一課内
「クロチアニジンの食品健康影響評価」意見募集担当 宛

提出方法
電子メール、ファックス、郵便で送ることができます。
メールとファックスの場合、表題を「クロチアニジンの食品健康影響評価についての意見・情報の募集」と書き
郵送の場合は、封筒表面に赤で書いてくださいとのことです。

提出先
○ 電子メールで:食品安全委員会ホームページの下記URLから提出できます。
https://form.cao.go.jp/shokuhin/opinion-0628.html
★注意 500文字以内となっているので、超える場合は、分割して出さないとなりません。

○ファックスで:03-3584-7391

○ 郵送で: 〒107-6122 東京都港区赤坂5-2-20 赤坂パークビル22階



[PR]

by fujinomiya_city | 2014-07-26 14:24 | パブリックコメント | Comments(0)
2014年 07月 26日
川内原発に関するパブコメ
川内原発に関するパブリックコメントが始まりました!!
原子力規制委員会→http://www.nsr.go.jp/public_comment/bosyu140716.html

今、日本全国の原発はすべて止まっています。
川内原発が再稼働してしまうと浜岡をはじめ他の原発も再稼働に向かってしまいます。
このまま止め続けておくために、この夏、あなたにできることがあります。

川内原発の再稼働適合審査書案へのパブリックコメントを出すことです。

締切は8月15日。国の原子力規制委員会が募集しています。

募集するのは「科学的・技術的なご意見」とありますが、ひるむことなく、ふつうに意見を出しましょう。

こちらのサイトがわかりやすくまとめています。

パブコメ出そう、川内原発とまるほど | 国際環境NGOグリーンピース

http://act.gp/1sS4Igr



[PR]

by fujinomiya_city | 2014-07-26 14:19 | パブリックコメント | Comments(0)
2014年 07月 26日
秘密保護法案に対するパブコメ

政府は、17日の有識者会議で示した特定秘密保護法の運用基準と政令の素案について、24日~8月24日にパブリックコメント(意見公募)を行う。
内閣官房のホームページにリンクした政府のウェブサイト「電子政府の総合窓口」などで受け付ける。


「特定秘密の保護に関する法律施行令(案)」に対する意見募集の実施について
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=060072401&Mode=0

意見提出フォーム
https://search.e-gov.go.jp/servlet/Opinion

秘密法への意見を公募 政府
2014年7月24日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11261277.html

 


[PR]

by fujinomiya_city | 2014-07-26 14:12 | パブリックコメント | Comments(0)