カテゴリ:1人でもできること( 9 )

2014年 11月 02日
【緊急 拡散希望】 川内原発再稼働への異議申し立て人大募集!!

【緊急 拡散希望】
川内原発再稼働への異議申し立て人大募集!!

 11月1日現在、鹿児島の薩摩川内(さつませんだい)市にある、九州電力(九電)の川内原発の再稼働について、
10月28日に薩摩川内市の議会と岩切市長が「同意」しています。
 そして、11月7日鹿児島県臨時議会で同意された場合、土日を挟んで11月10日の週にも
鹿児島県の伊藤知事が同意する見通しとの報道です。
国民・県民・市民・住民の意思と声を無視して、公聴会が一度も開催されないま
まに、日本で最初の再稼働が強引に推し進められています。

 そもそも本来、原発存廃の是非が問われるべき状況のところ、原発立地自治体
(鹿児島県・薩摩川内市)の再稼働受け入れ是非に、問題が矮小化されています。
 そのようなおかしな状況は、原子力規制委員会が9月10日に、無責任にも
九電の再稼働申請を許可(処分)したことに端を発しています。
しかし、この許可処分は不当で無効なので、許可の取消が求められていました。
 そのため、私たちは鹿児島県知事が同意表明する前に、行政不服審査法に基づ
き許可処分の取消を求めることと致しました。

=川内(せんだい)原発再稼働阻止=を求めて・・、
原子力規制委員会に【緊急「異議申立て」】を全国の皆さんに呼びかけます。

全国から「異議申立て」の申立人を募っています。今回は個人としてのみです。
(「行政不服審査法に基づく不服申立て」ですので費用はいりません)

「川内原発に関する原子力規制委員会の(9月10日の許可)処分についての異議申立て」
(異議申立ての本文は以下URLからダウンロードして下さい)

「異議申立て」本文(PDF版)
http://tinyurl.com/plxzs5p

申立人になって頂ける方は、「異議申立人署名用紙」と「総代の選任届け書」を送って下さい。
(以下のURLからダウンロードして下さい)

「異議申立人署名用紙」(PDF版)
http://tinyurl.com/o3uth2h

(ワード版)
http://tinyurl.com/p7dynlx

「総代の選任届け書」(PDF版)
http://tinyurl.com/nb64fgf

(ワード版)
http://tinyurl.com/kbmdu8z

以下の宛先に、氏名・住所・年齢(申立日の11月7日現在)を記入・捺印して、届けて下さい。
(誤読などの防止のため筆記しないで、なるべくワード版を使い印字して下さい。捺印は必要)

送付先:〒812-0041福岡市博多区吉塚5-7-23 青柳行信宛

* 「総代の選任届け書」について
 申立人が多数になりそうなので原子力規制委員会から総代を求められる可能性が高いです。
(その場合、総代を選出するために全申立人に「総代の選任届け書」を送って頂く必要があります)
 総代を求められた場合、総代を選出するまで異議申立の手続きが止まる恐れが高いため、
事前に「青柳行信・鳥原良子・北岡逸人」の3人、を総代に選任する届け書を準備した方が良いと考えています。
(総代は原子力規制委員会からの意見聴取会の日程等の案内や回答を送付する連絡先となります)
・青柳行信(原発とめよう!九電本店前ひろば・世話人代表
       原発いらない!九州実行委員会・世話人代表)
・鳥原良子(鹿児島薩摩・川内原発建設反対連絡協議会・会長)
・北岡逸人(福岡核問題研究会)

プリントアウト出来合ない方は
A4用紙に下記★を記入して郵送して下さい。

★「異議申立人署名用紙」
(別紙)

異議申立人の氏名及び年齢並びに住所

 氏 名       印  年齢 歳
       (年齢は2014年11月7日現在)
 住 所

★「総代の選任届け書」
 
       2014年11月7日

原子力規制委員会 御中

      総代の選任届け書

私は2014年11月7日付で提出した異議申立てについて
下記の者を総代に選任したので届け出ます。

申立人
  名前            印 年齢  歳
  住所
 
      記

総代 
  氏名  青柳行信
  氏名 鳥原良子 
  氏名  北岡逸人

* 上記2通の書類 必着日。11月5日(水)● 異議申立てができる期限。

 異議申立てに係る処分があったことを知った日(9月10日)の翌日から60日以内。

* 上記2通の書類を送付された方は恐れ入りますが、
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp 青柳まで、
メールで氏名と住所をよろしくお伝え下さい。

(総代として申立人に原子力規制委員会からの連絡事項等をお知らせ致します)

● 11月7日(金)午後3時(予定)に行ける方で原子力規制委員会に異議申立てします(書類提出)。
 ご参加できる方、特に東京近辺の方はよろしくお願い致します。

● 集合場所
 場所:原子力規制委員会ビル(六本木ファーストビル)前
 東京都港区六本木1丁目9-9 tel 03-3581-3352
 六本木一丁目駅から徒歩約3分
 地図:http://tinyurl.com/n9g7h5d

● 記者会見:11月7日(金)午後4時30分(予定)
 場所:衆議院第二議員会館(予定)
 東京都千代田区永田町2-1-2
(最寄り駅は東京メトロ丸ノ内線・千代田線国会議事堂前駅)

● 東京(現場)での連絡先:北岡逸人(090-4603-0181)
  
● 異議申立ての目的
・原子力規制委員会の許可処分の取り消し。
・異議申立てと口頭意見陳述の内容を(全国に)報道してもらう。
・法律に基づく公的な抗議方法(口頭意見陳述が可能で文書回答)を広める。
・国会議員会館で記者会見を開催し、審査が不当で国会決議が無視されている事
を伝える。

● 原子力規制委員会に「異議申立て」緊急行動 呼びかけ人
 原発いらない!九州実行委員会・各県世話人
 福岡県:青柳行信・棚次奎介
 大分県:中山田さつき・島田雅美
 熊本県:永尾佳代・永野隆文
 佐賀県:豊島耕一
 長崎県:西岡由香
 宮崎県:青木幸雄
 鹿児島県:鳥原良子・向原祥隆・小川みさ子

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************


[PR]

by fujinomiya_city | 2014-11-02 18:02 | 1人でもできること | Comments(0)
2013年 10月 04日
原発事故の被害者たちを泣き寝入りさせないために、私たちにできること
生活クラブ生協で署名活動を行っています。組合員の方だけでなく、広く署名を呼び掛けています。

みなさん、どうか署名にご協力を宜しくお願い致します。

ネットから署名用紙をDLできます。→ 生活クラブのHP
http://tokyo.seikatsuclub.coop/23ku-minami/news/entry.html?entry=kodomo_hisaiti

イベント会場で署名活動をしている時もあります。見かけましたらご協力を宜しくお願い致します。

富士宮市の市民生活展でも署名活動を行います。10月19日、20日開場は富士宮市役所です。

また、お近くに生活クラブ組合員がいましたら、そこに署名用紙があると思いますので、お声を掛けて下さい。宜しくお願い致します。

『子ども・被災者支援法の幅広い適用と具体的な施策の実施

賠償の時効問題の抜本的な解決を求める請願署名』


以下サイトより転載

東京電力福島第一原発事故は、2年以上経過した今も、収束の見通しすらたっておらず、子どもたちをはじめとして約15万人の人々がふるさとを追われ、避難生活を強いられています。

原発事故の被害に会った周辺の住民の方々について、居住、避難、帰還などその選択を問わず、支援をし、子ども・妊婦等に特に配慮する「子ども・被災者支援法」を2012年6月に成立しました。しかし、この法律に定められている「基本方針」の制定は1年以上もたなざらしとなっていました。

ところが、今年8月末、復興庁はこの法律を実施するための「基本方針案」を発表。この案に書かれていることの多くがこれまでの施策を張り合わせただけのものにとどまり、法の趣旨とは程遠いものとなっています。また、被災者が被害の損賠賠償を請求する権利が2014年3月以降、時効によって消滅するという深刻な問題もあります。

原発事故による被害をなかったことにさせないために、おおぜいでアクションを起こしていきましょう!

【請願の要旨】

○ 福島県全域と少なくとも追加被ばく線量1mSv以上の幅広い支援対象地域を設定し、この地域の人たちの自己決定(避難する場合も、とどまる場合も)に応じた十分な支援をしてください。
(基本方針では、支援対象地域を福島県中通り・浜通りの33自治体に限定。放射性物質は県を越えて飛散しています。地域で指定するのではなく、これまでの基準である年間1mSV以上の地域全体を対象とするべきです)

○ 支援法を実施・推進するため、被害当事者や支援者を中心とした様々な意見を反映させる常設機関の設置を。
(基本方針には住民の意見反映をさせる仕組みについて全く書いてありません)

○福島県内、および県外についても、国が責任をもって、幅広い専門家や当事者の参加を得た上で、健康管理体制を構築してください。
(主な健康管理調査は福島県が行なう県民健康管理調査のみとなっています)

○原発賠償請求権の行使につき、少なくとも3年間の短期消滅時効を適用しないことを定めてください。
○ 事故時から20年間の除斥期間(客観的に権利行使ができなくなる期間)を適用しないことを定めてください。
○全ての被害者が、過度の負担なく損害賠償請求できる十分な権利行使期間を定めてください。
------------------------------------------------
【提出方法】

締切 : 10月18日(金)

提出方法 : 生活クラブの組合員の方は配達便またはデポー店頭へ提出してください。組合員でない方は、以下まで郵送をお願いします。

≫署名用紙のダウンロードはこちら(PDF 140KB)

【署名郵送先】

生活クラブ生活協同組合・東京 政策調整部 理事会事務局
156-0051 世田谷区宮坂3-13-13 03-5426-5202
[PR]

by fujinomiya_city | 2013-10-04 14:52 | 1人でもできること | Comments(0)
2013年 07月 11日
新潟県泉田知事に、はげましと応援ハガキを送ろう
たんぽぽ舎からのメールを転載します。


新潟県泉田知事に、はげましと応援ハガキを送ろう
 │ 東電柏崎刈羽原発の再稼働申請はルール違反!
 │ ベント設備の着工に、県知事は同意していない!
 └────(米山 たんぽぽ舎ボランティア)

 私は12日の金曜行動で「はげまし・応援はがき」を実費で配布したい。
よかったら購入してください。当日売り切れたらゴメンなさい。
手伝ってくれる方歓迎です。

 誰でも出来ることです。立派な文章ではなくともかまいません。
要はこころをこめて書き送る事です。
柏崎刈羽で永年反対運動を行っているY氏も賛意を示しています。

ハガキのあて先
 〒950-8570 新潟市中央区新光町4-1
  新潟県庁内「知事へのたより」(←←必ず明記して下さい)

メールの場合 kouchou@pref.niigata.jp または、WEBフォーム
 新潟県知事公式ホームページ 知事へのたより
 http://www.pref.niigata.lg.jp/kouhou/1193760968244.html

ファクス 025-280-5049 です。
 ここでも「知事へのたより」と明記して下さい。

[PR]

by fujinomiya_city | 2013-07-11 21:40 | 1人でもできること | Comments(0)
2013年 07月 01日
福島バッジプロジェクト
福島バッジプロジェクトは、福島の人達が「原発はイヤだ」と意思表示を出来る場を作り、
その福島の人々の心に呼応して、同じ意思表示を日本中のだれもが出来るような場を
作る事を目的として設立しました。
(ブログより http://fukushimabadge.blog.fc2.com/)

「原発はいらない」と声に出せる人も出せない人も、一緒にアピールしよう♪
バッジを着けることでいつでもどこでもアピールできるよ♪

ブログをご覧ください。メールでのお問い合わせ大歓迎!
fukushimabadge@gmail.com

e0242084_2259285.jpg

e0242084_22592013.jpg
e0242084_2301593.jpg

[PR]

by fujinomiya_city | 2013-07-01 23:01 | 1人でもできること | Comments(0)
2013年 03月 01日
「まけないぞう」さん、知ってる?
e0242084_19184071.jpg
「まけないぞう」
http://www.pure.ne.jp/~ngo/zou/index_j2.html

これは阪神・淡路大震災の時に神戸で生まれた「まけないぞう」。
被災地の方々が、タオルをアレンジしてひとつひとつ手作りしています。
新潟中越地震や中越沖地震などの被災地にも引き継がれ、今回の東日本大震災でも東北・北関東に広がっています。

被災地の方々が作成した『まけないぞう』を購入することで、被災地の方々の仕事づくりや生きがいづくり、
新しい仲間づくり、崩れてしまったコミュニティーを再構築することにつながっています。
また、支援者と被災者・被災地をつなぐ“縁”ができます。

心を伝える「まけないぞう」。応援してください!

☆3月10日(日)のイベント『3.11を忘れない』にて、この可愛い「まけないぞう」を販売します♪

*神田川広場 午前10時ー午後2時
[PR]

by fujinomiya_city | 2013-03-01 19:26 | 1人でもできること | Comments(0)
2013年 02月 09日
アクアサンタの報告会
今日2月9日 アクアサンタの報告会に行ってきました。

活動報告書より
2012年7月 原発事故による自主避難者小笠原明日香さんと淀師に暮らす3人の出会いからこの支援活動は始まりました。
福島のお母さんや子ども達の為に何かできないかという想いが集まってアクアサンタは生れました
『富士山の惠 安心安全なお水を福島のママ達に送りたい』


アクアサンタは福島に安心安全なお水を届ける活動をしています。
「富士の惠の水あしたか天然水」を販売し、その利益で福島にこのミネラルウォーターを届けています。
500mlの仕入れ価格は63円で販売価格は100円、差額の37円が支援金になります。
3本の販売で2ℓ1本を支援することができます。

昨年のお水の支援先は、郡山市の子育てサロン、保育園、個人の家庭などで、みなさん普段の飲料水は
全て市販の水を買うなどしているそうで、お水の支援は大変助かるとのことでした。
幼稚園などは自治体からの援助がなくなったのでより支援を必要としています。

震災から2年近くそこには人が暮らし表面上は普通に見えるかもしれませんが
今も空間線量が高く1μSv/h以上の所は普通にあるという環境です。
公園には人気が無く、モニタリングポストが設置された周囲は綺麗に掃除されていて違和感のある景色です。

被災地では今も多くの人が様々な問題を抱え困難の中で暮らしています。
震災の事、被災地の事を思い自分にできることを考え見つけて行動したい、決して無理をするのではなく
相手に押し付けるのではなく、本当に必要としている何かを。
アクアサンタのように福島のどこかでお母さんや子どもたちが同じ安全なお水を飲んでいると感じる
ことができる支援もそのひとつ。
先ずはひとりひとりが被災地を思う気持ちを忘れないこと大切です。

2/11追記「岳南朝日新聞」
e0242084_19103420.jpg
e0242084_19112995.jpg

[PR]

by fujinomiya_city | 2013-02-09 22:03 | 1人でもできること | Comments(0)
2012年 12月 24日
みんなのとしょかんプロジェクト
是非サイトをご覧ください。「みんなのとしょかん」http://www.mintosho.org/

みんなのとしょかん」プロジェクトは、震災や自然災害などにより移住を余儀なくされ、
コミュニティの再生が急務とされる地域や、過疎化が進む地域に、コミュニティを醸成できる場所と
して、図書館を設置する活動を行っています。
また、設置した図書館において、カルチャー教室なども開催し、地域での生きがいづくりや、
技術習得のお手伝いなども行っております。単に本を送るだけでなく、本棚や管理するための備品は
勿論、図書館を自主的に無理なく管理するための地域チームづくりもサポートさせて頂き、
地域の方による、自立したコミュニティの中心としての図書館の構築を目指しています
[PR]

by fujinomiya_city | 2012-12-24 00:52 | 1人でもできること | Comments(0)
2012年 08月 30日
アクアサンタ/福島の子ども達へ安全な水を届けるため…
福島県郡山市より富士宮市へ避難されてきた小笠原さんが代表を務める「アクアサンタ」を紹介します。

----------------------------------------------------------------

原発事故により、福島県では多くの人達がストレスや不安を抱えた生活を余儀なくされています。
特に小さな子供を持つお母さんたちは水や食べ物、外遊びにも気を使い、経済的な負担も増えています。
福島のお母さんや子供達の為に何かできないかという想いが集ってアクアサンタは生まれました。
アクアサンタとは、イタリア語で『マリア様の水』『聖水』という意味です。
日本語では『水のサンタさん』のイメージがあることからこのなまえをつけました。


放射能への不安の中で暮らす福島の子ども達へ少しでも安心と安全を届けるため
ミネラルウォーターの支援をはじめます。

支援する側に過度の負担がかかることなく長く続けることの出来る活動
被災地の今を知ることで、お互いの理解を深めることのできる活動
小さなお手伝いでも寄り添い、繋がることのできる活動
アクアサンタは、小さくても今出来ることをやり続けていきたいと思っています。
ペットボトル(500mℓ・2ℓ)の販売を開始します。

売上で福島県郡山市小原田地区の子育てサロンに富士山の麓の水を届けます。
e0242084_21223658.jpg

【お願い】
★イベントや店舗等でペットボトルの販売をして下さる方
☆定期的に購入して下さる方
★また活動をお手伝いして下さるボランティアを募集しています

アクアサンタ 代表 小笠原 明日香
連絡先:090-5432-7226(小笠原) 080-6924-2504(諏訪部)
事務局:渡邉敏子 諏訪部京子 諏訪部絵美
[PR]

by fujinomiya_city | 2012-08-30 21:36 | 1人でもできること | Comments(0)
2012年 02月 20日
「あさこはうす」に手紙を出そう!
あなたの出す1枚のハガキが原発建設を止めます。
リンク先の過去記事へGO!→ http://fujinomi8.exblog.jp/i39/
[PR]

by fujinomiya_city | 2012-02-20 05:27 | 1人でもできること | Comments(0)