カテゴリ:電磁波・スマートメーター・リニア他( 7 )

2017年 06月 12日
スマートメーター拒否できた方のブログ
私は「電磁波過敏症なので・・・」と話し拒否しましたがダメでした。

アナログメーターを使っている方、こちらを参考にしてください。


[PR]

by fujinomiya_city | 2017-06-12 21:50 | 電磁波・スマートメーター・リニア他 | Comments(0)
2017年 03月 31日
公開質問状に対する回答書(中部電力)
アナログメーターの 存続を望む会より以下へ転載します。

2017年3月31日
いつもお世話になります。
アナログメーターの存続を望む会の東です。
その節は、公開質問状にご賛同くださり、本当にありがとうございました。

アナログメーターの存続に関する公開質問状につきまして
中部電力はメールで回答、北海道電力、東北電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力は書面で回答が届きました。
北陸電力は現時点で未回答です。

スマートメーターの設置は国で決めたことなので、現時点では永続的にアナログメーターを提供・設置する予定はないという、足並みをそろえた回答でした。

スマートメーターの電磁波によって体調を崩した人たちや電磁波過敏症患者に対する配慮が全くありません。
国の方針に従い、弱者は切り捨てる姿勢に憤りを感じています。
電磁波過敏症は病名登録もなく、難病指定や障碍者の枠からも外れています。
経産省だけでなく、厚労省、総務省などへの働きかけも進めていきたいです。

中部電力はメールでの回答でしたので、内容を転載します。
それ以外の電力会社は書面での回答でしたので、順次アップします。


                                 平成29年3月29日
アナログメーターの存続を望む会
 代表     東  麻衣子  殿


        アナログメーターに係るお問い合わせについて(回答)



拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

 さて、3月11日付にてお問い合わせいただきました標記の件について、下記のとおりご回答申し上げます。

                                        敬具

                  記


質問1 電磁波過敏症患者にとって、アナログメーターの維持は死活問題です。希望者には今後も永続的に、アナログメーターを提供することを公式に発表していただけませんか?発表出来ない場合、その理由もお聞かせください。

回答1 弊社としては、スマートメーターは国レベルでの議論を受けて全戸への設置を全国大で進めていること、将来的にアナログメーターが製造中止となり調達できなくなることなどをふまえ、現時点で永続的にアナログメーターを提供・設置する予定はございません。


質問2 市販用アナログメーターを流用するか取り外したアナログメーターを再利用して頂けませんか?出来ない場合その理由もお聞かせください。

質問3 アナログメーターはオーバーホール(分解、洗浄、部品交換)をすれば30年使用することができます。
再使用できるアナログメーターを破棄するのは資源の無駄遣いになりませんか?

回答2、3 
    回答1のとおり、国レベルでの議論を受け、弊社では、スマートメーターを弊社管内の全戸への設置を計画しております。このため、市販用アナログメーターの流用、取り外したアナログメーターの再使用を行う予定はありません。今後もスマートメーターの安全性について、ご理解いただけるよう、しっかりと説明させていただきます。

                                        以 上
___________________________

〒461-8680 名古屋市東区東新町1
中部電力株式会社 電力ネットワークカンパニー
配電部 架空配電G
052-951-8211(代表)


[PR]

by fujinomiya_city | 2017-03-31 15:24 | 電磁波・スマートメーター・リニア他 | Comments(0)
2015年 09月 25日
『「白血病が増えるから4ミリガウスまで」とのWHO勧告を無視し、基準を2000ミリガウスにした日本』

『「白血病が増えるから4ミリガウスまで」とのWHO勧告を無視し、基準を2000ミリガウスにした日本』
http://ameblo.jp/sunamerio/entry-11472120078.html

ノーベル賞選考機関であるカロリンスカ研究所(スウェーデン)は,
高圧送電線から300m以内での小児がん増加率と電磁波強度の関係を調べ,
「2ミリガウス以上の地域で小児白血病の発生率が2.7倍に増加する」
と報告しています。 スウェーデンでは,
2~3ミリガウスを超える幼稚園,保育園,学校は閉鎖しています。...
http://www.keea.or.jp/qkan/air/air59.htm

田中優氏「 日本の研究者による優れた論文により、WHOが世界に向けて
「小児白血病が増えるから4ミリガウスまでにせよ」 と勧告。
なのに、日本は基準を2000ミリガウスにした。なんと500倍。
その後、国はその研究を潰した。」
http://www.youtube.com/watch?v=bFwL9SU9f74
(5分あたりから)

「WHOが携帯電話の発ガン性を認定した。
管轄である総務省は、
「慎重に受け止めるが、対策はとらない」という回答を出した。
電磁波の健康への影響を考える総務省の検討会の委員10名には、
携帯電話などの電波機器業界から金が渡っているとのこと。
原発マフィア同様、ここにも「電磁波・安全神話デマ」を流す
御用学者や専門家が生息しているようです。」
(カレイドスコープ)


[PR]

by fujinomiya_city | 2015-09-25 09:07 | 電磁波・スマートメーター・リニア他 | Comments(0)
2015年 06月 24日
Wi-Fi・PC・電話・テレビ・ラジオが禁止の街

「Wi-Fi・PC・電話・テレビ・ラジオが禁止の街とは?」より転載します。

-----------------------------------------------------------------------
アメリカのある地域には一切の電波を遮断し、携帯電話やラジオの使用が禁止されている街が存在します。一見すると不便で現代人にとって住みにくい街ですが、その街に「電気製品を長時間使うことで電磁波を浴びた身体が過剰反応を起こし、目がかすんだり頭痛やめまいが起こったりする」という電磁波過敏症を患う人たちが集い、静かな争いが起こっています。

The town that banned Wi-Fi | Technology | The Guardian
http://www.theguardian.com/technology/2015/jun/21/the-town-that-banned-wi-fi

アメリカ・ウェストバージニア州のグリーンバンクは「電波のない街」として知られています。ライターのEd Cummingさんが2015年3月上旬にグリーンバンクを訪れたところ、街に近づくにつれて車内のラジオの音は徐々に消えてホワイトノイズに変わってしまい、携帯電話の電波も圏外になったとのこと。

Cummingさんが持つラジオや携帯電話に電波が届かなくなった原因は、グリーンバンクの街にあるアメリカ国立電波天文台(NRAO)グリーンバンク望遠鏡です。ブルーリッジ山脈を背に建設されたグリーンバンク望遠鏡は、星、星雲、超新星などを観測するための電波望遠鏡で、星の発するわずかな光をとらえるために、望遠鏡が誤作動を起こさないようにあらゆる電子機器を遮断しているというわけです。街では電子レンジや電気毛布に至るまで、規格を満たさないさまざまな家電製品の使用が禁止されているとのこと。

グリーンバンクの街中には他にもアメリカ国家安全保障局(NSA)の運用する望遠鏡が設置されており、電波が遮断されているおかげでグリーンバンクは電磁波過敏症(EHS)に苦しむ人々にとっての楽園となっています。電磁波過敏症は世界保健機関(WHO)の診断基準が作られておらず、病気として明確に認められていないのですが、過去10年間に40人ほどの電磁波過敏症患者たちがグリーンバンクに移住したそうです。人口は百数十人ほどで、街に到着したCummingさんはグリーンバンク市内唯一の大通りを歩きながら、「街は望遠鏡を中心として、学校、教会、図書館、工房、ガソリンスタンド兼スーパーマーケット、公衆トイレ、レストランなどが建っている小さな街だと分かりました」と語っています。

Cummingさんは小さなレストランに入り、ウェイトレスのMaryさんにグリーンバンクに移住した理由を聞いたところ、「小さい街だからみんなお互いのことを知っているわ。この町に移住してくる人は、みんな『電気の声』が聞こえるんです。その状態が正常なのかどうか私には分かりません。でも、別に携帯電話を持っていなくても不便ではないですよ。家ではWi-Fiを使ってインターネットに接続できるので大丈夫です」と語ったそうです。Cummingさんは「電波の禁止されている街でWi-Fiが使えるのか?」と疑問に思ったのですが、Maryさんによると「公にはなっていないが家でWi-Fiを使うことは不法ではなく、時々天文台の職員が『Wi-Fi機器の電源を切ってほしい』と頼みにくる程度です」とのこと。

グリーンバンクに長年住んでいるArnie Stewartさんは、外交官を定年退職した後にグリーンバンクに移住してきたそうで、「グリーンバンクへ移り住んでくる人の数は6年前から増えていて、多くの人は携帯電話の電波塔の悪影響から逃れるために移住を決めたのだと言います。電磁波過敏症の人々は強い電波を受けると視界がぼやけたり、顔に発疹が出たりします。私自身もPCの前に数時間座っていると顔がほてってくるんです」と語っています。

Stewartさんは当初、電磁波過敏症という病気について懐疑的だったそうですが、電磁波過敏症の患者が集まる会合にこっそり携帯電話を持って行ったところ、みんなが携帯電話の存在に気づいたことから、電磁波過敏症という病の存在を確信したそうです。Stewartさんは「電磁波過敏症を患っている人は電波のある環境に慣れなくてはいけないと考え、症状を抱えながらも適応していきますが、一部の人はそうではありません」と言います。

2007年にグリーンバンクへ移り住んだDiane Schouさんは、以前アイオワ州シーダー・フォールズに建つ電波塔の近くに住んでいて、毎日ひどい頭痛や、目のかすみ、顔の発疹に悩まされていたのですが、それが携帯電話の電波によるものだとは気づかなかったそうです。「私の症状はまるで放射線障害のようでした。医者にかかったのですが、診断はあいまいなものでした。そして徐々に電波塔が原因ではないかと思うようになったのです」とSchouさんは当時を振り返ります。

Schouさんは電波の影響が少ない土地を求めてアメリカ中をかけめぐり、スカンジナビア半島の国々や、中央アメリカのニカラグアまで訪れたとのこと。その中でもスウェーデンは電磁波過敏症を身体障害として認定している数少ない国で、政府が患者のための電波隔離地を設定していて、多くの電磁波過敏症患者が集まっています。しかし酪農用の電気柵やコードレス電話の使用は禁止されておらず、Schouさんにとって満足のいく場所ではなかったそうです。最終的にSchouさんはグリーンバンクに移り住むことに決め、家庭内のWi-Fi機器や路上の電線の存在は気になるものの「最悪な世界の中でまだマシな場所です」と語っています。

グリーンバンクの街を住みやすいものに変えるべく、Schouさんは店の誘致を提案。1ドルショップが開店したのですが、店頭のハロゲンライトによる症状が我慢できないとしてSchouさんは店側にハロゲンライトの撤去を依頼します。さらに、Schouさんは他の住人にも不要な照明を消したり電球を変えたりする要求を言い始めたそうです。

Stewartさんは「彼女はやりすぎでした。さらに、Schouさんは仲間の電磁波過敏症患者を街に移住させるなどの取り組みを行っていたのですが、この小さな街には十分な家も仕事もありませんでした」と語ります。そしてSchouさんの暴挙を受けてついに街の集会が開かれました。集会では街の代表者が「1人や2人の電磁波過敏症患者なら黙って見過ごすが、Schouさんが大量の患者を街に移住させるのは常軌を逸しています」と主張し、対するSchouさんは「仲間を助けたいだけなのに、街の人々は電磁波過敏症に苦しむ人々の移住を止めにかかったり、店に入るのを禁止したりするのです」と反論。Schouさんと街の敵対状態は今も続いています。

2014年7月にグリーンバンクに移住してきたばかりのCharlie Mecknaさんは、Schouさんよりも保守的な立場で、「電磁波過敏症患者が電波環境について騒ぎ立てて周りの注意を引くような行動を取るのは、病気に関する本質的な問題からかけ離れています」と言います。Mecknaさんも長年自分の症状がなぜ起こるのか分からなかったのですが、携帯電話と公衆のWi-Fiスポットが原因だと判明したとのこと。Mecknaさんは「街中を歩いているとめまいや吐き気が起こり、ひどい時には耳鳴りも起こりました。グリーンバンクは完ぺきな場所ではありませんが、死にそうになるほどのひどい症状は避けられます」と語っています。

電磁波過敏症に苦しむ人のためのイギリスの慈善団体 Electrosensitivity UKのリーダーであるSarah Dacreさんは、電磁波過敏症の研究が進んでいない理由について「政府が不都合な真実を隠蔽しているのではないか」と予想。Dacreさんは「慣習的な政府主導による病気の研究は、健康被害についての確かな指標にはなりません」と語り、団体内部で独自の研究を進めています。

グリーンバンクを訪れたCummingさんは、「電子機器やインターネットなしでインタビューを行うのは難しく、グリーンバンクは私にとって住みづらい場所でした。しかし、グリーンバンクは電磁波過敏症の患者だけでなく、電子機器やインターネットが常に身の回りにあり絶えずメールの通知に悩まされている現代人にとっても、安らげる場所だと言えます」と語り、電磁波過敏症については「電波などの刺激に対する過剰反応で、本当に症状が起こっているのかどうかを診断することができず、病気かどうかは議論が分かれるところ。しかし、精神状態が不安定になり実際の症状を引き起こすこともあるので、苦しんでいる人をあざ笑うことは誰もできません」と語っています。





[PR]

by fujinomiya_city | 2015-06-24 15:35 | 電磁波・スマートメーター・リニア他 | Comments(0)
2013年 09月 08日
自然界の電磁波は、周波数を持たない!
ブログ「自然の摂理から環境をかんがえる」より抜粋して転載します。
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2013/09/001385.html?g=123107

■自然界の電磁波とは、どのようなものがあるのか?

【自然界の電磁波】

<3000THz(テラヘルツ)以上~>
☆放射線 
・宇宙からの微量の放射線
・花崗岩などの自然放射線

<3THz~3000THz(テラヘルツ)>
☆光
・太陽の光

<10MHz(メガヘルツ)~3THz(テラヘルツ)>
☆高周波電磁界
・地殻変動のときに出る高周波

<~300Hz(ヘルツ)以下>
☆超低周波電磁界
・人間の脳波(1~25Hz。高くても50Hz以下)
・雷光(8Hz)

<0Hz(ヘルツ)>
☆静電磁界
・地磁気地球
・磁石

周波数の大きなものから、小さなものまで、様々に存在していることがわかります。
これら、自然界の電磁波の波形や周波数などの特徴を調べてみました。

■自然界の電磁波の特徴は??

人工の電磁波は振幅が一定、自然界や細胞の電磁波は乱れた周波数

自然界に存在したり、細胞同士のコミュニケーションに使われる電磁波は振幅が一定ではない乱れた周波数(ノイズフィールド周波数)ですが、携帯電話や電化製品、車などの人工の電磁波は振幅が一定なのが特徴です。
e0242084_1823228.jpg
自然界の電磁波は、1つの定型的な概念ではおさまらないもののようなのです。
なんと、自然界の電磁波は周波数を持たないそうなのです。

電磁波はきれいな正弦波なんかじゃない!!

 教科書には良く、互いに直交した電場と磁場が 正弦波を描きながら進行するような図が描かれているが、私がここまでにそのような図を描かないできたのは、次のような主張があるからだ。

 「電磁波はきれいな正弦波なんかじゃない!!」
 そう、電磁波とは任意の波形が伝わる現象なのであるから、本質的に周波数を持つような存在ではないのだ。
 「特定の周波数を持った電磁波」が「他の周波数の電磁波」と独立して存在するかのようなイメージは、工学的応用の中で作り出されたものではないだろうか。
 人間のいない自然の中には、電磁波の周波数などという概念は存在しない。
 電磁波は実際には周波数ごとに分かれてなどいない。

このようにして、それぞれの周波数の電磁波があたかも互いに別々の存在であるかのようなイメージが人為的に形作られることになっている。
 また同時に、それぞれの「波」が 独立して空間を伝わってくるものであるかのような 印象も作られている。もちろん、そう考えても論理的に間違いではない。

念のため言っておくが、私の主張は、自然の中に正弦波は自然発生しないという意味ではないので、その点は誤解しないでもらいたい。自然の中には、共鳴によって特定の周波数の単振動が増幅して大きく現れる現象が沢山ある。

電磁波がそんなに複雑なものであるなら、なぜ、人工的に電磁波を作ることができるのでしょうか?


単振動する電子の動きを作り出したのが、人工の電磁波

しかし無線の送信機のアンテナから、特定の周波数の電磁波が連続して出ているのを思い浮かべて、電磁波が周波数を持たないなんて書くのは暴論だと反発するかも知れない。しかしそれは、アンテナの中にきれいに単振動する電子の動きをうまく作り出した結果である。電気回路の工夫によって特定の周波数の振動を発生させるのに成功しただけのことだ。
 また、無線の受信機側においては、アンテナに入った波のうち、特定の周波数の成分だけを取り出して増幅する技術を使っている。それは電気回路の組み合わせで共鳴現象を起こす仕組みを作ってやることで実現させているのである。

では、どうやって人工の電磁波を取り出すのでしょうか?

フーリエ解析で、波形を分類したものが周波数

 波形というのは、どんな複雑な形をしていようとも、きれいな形の正弦波の重ね合わせとして表す事が出来る。そのような数学的テクニックをフーリエ解析と呼ぶわけだが、これによってその波形の中にどの周波数成分がどの程度含まれているかを調べる事が出来るのである。
 そしてそれぞれの成分について、周波数ごとに名前を付けて分類してやり、長波、中波、短波、超短波、極超短波、ミリ波、サブミリ波、赤外線、 可視光線、紫外線、X 線、γ 線 などと呼ぶ。
 光も電磁波の一種であり、周波数が違うだけである。電波を効率よく受信しようとする時に、波長とアンテナの長さは非常に関係が深いので、電波として利用されている周波数帯の電磁波は波長を基にした命名となっている。

私は、電子がどんな運動をしたときに、どのような電磁波が出るのだろうということが ずっと気になっていて、その点を調べてきた。ところが期待に反して、電子からどのような周波数の電磁波がどの程度出て行くのか、ということについては数式には現れて来なかった。
要するに、電子の加速具合によって、電磁波の強度が決まることが分かっただけだ。そのような原理によって任意の波形の電磁波を作ることが出来て、 それが電子から放たれるというわけだ。


■まとめ
つまり、自然界の電磁波は、様々な周波数が複合しており、1つの周波数で独立しているわけではなく、それ単体で取り出せるようなものではないようです。

人間が電磁波をどういったものか認識するために、単位に分けたものが周波数であり、周波数とは人間が作ったものさしでしかないのです。
そして、その単位=周波数にピタッとはまったエネルギーを作ることができたのが、人工の電磁波にすぎません。
[PR]

by fujinomiya_city | 2013-09-08 18:18 | 電磁波・スマートメーター・リニア他 | Comments(0)
2013年 08月 27日
「スマートメーター」導入で電磁波被曝
電磁波被曝で大変危険な「スマートメーター」を各電力会社は導入します!

平成24年の環境会議で掲げられた目標は、5年以内に総需要の8割をスマートメーター化!

各電力会社で試験導入が始まっていて、関西電力では既に本格導入開始し200万台設置、
東京電力でも来年から本格導入が始まります。
中部電力も平成23年より実証試験を開始、約1500戸に導入済。

「スマートメーター」とは、各家庭に取り付けられている電力メーターの事で、
通信機能があり電磁波を使って情報を送信します。

この電磁波は、国際がん研究機関(IARC)によって、「発がん性の可能性がある」と認められています。
IARC(国際がん研究機関)の見解
「IARCは無線周波電磁界を「ヒトに対して発がん性があるかも知れない」に分類する」
原文タイトル:IARC CLASSIFIES RADIOFREQUENCY ELECTROMAGNETIC FIELDS AS
POSSIBLY CARCINOGENIC TO HUMANS
URL:http://www.iarc.fr/en/media-centre/pr/2011/pdfs/pr208_E.pdf


先に導入が進んでいるアメリカでは、「過去に前例のない規模の電磁波汚染源」と
各地で電磁波による健康被害を訴えたり、懸念する人達が反対運動をしています。

電力会社は検針員の削減だとか、電力消費量の把握のためと言っていますが、
被曝の危険をおかしてまで設置する必要がどこにあるのでしょうか。

強力な電磁波が全国の家庭のメーターから発信され国民が日常的に被曝するという、とんでもなく恐ろしいことになるのです。

どれだけ強力かというと、アメリカのPG&E社(電力会社)の発表では、
スマートメーターから約30cmの距離で8.8μW/㎠の被曝量だとしています。

これは携帯基地局の10倍以上になるのですが、カリフォルニア州科学技術評議会(CCST)の報告書では、それよりも高く、
約30cmの距離で180μW/㎠,90cmの距離で20μW/㎠と発表されています。


電磁波の健康影響について予防原則の下、欧州評議会議員会議では、0.1μW/c㎡とするよう勧告しているのに、
日本の電波防護指針は1,000μW/c㎡と一万倍の数値です。

・0.2〜8μW/c㎡:小児白血病が2倍に増加
・0.0006〜0.0128μW/c㎡:疲労感、抑鬱傾向、睡眠障害、集中困難、心­臓血管障害
バイオイニシアティブの資料より http://www.bioinitiative.org/table-of-contents/



電力会社各社取り組みの詳細はコチラ(PDF)
スマートメーター導入に係る電気事業者の取り組みについて
http://www.fepc.or.jp/about_us/pr/oshirase/__icsFiles/afieldfile/2012/03/19/press20120312.pdf

オーストラリア スマートメーター反対運動


アメリカ スマートメーターからのマイクロ波

[PR]

by fujinomiya_city | 2013-08-27 00:59 | 電磁波・スマートメーター・リニア他 | Comments(2)
2013年 06月 20日
電磁波関係リンク集

頭痛、吐き気、不眠症、めまいの方は、こちら
電磁波過敏症の主な症状 ~うつ病の症状と酷似~
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11370112464.html

電磁波過敏症にお勧めのサプリメント by シナトラ博士
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11481853777.html

動き出した欧州 電磁波被曝から子どもや若者を守れ!
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11392396647.html

バイオイニシアティブ2012 電波強度と健康リスク(早見表)
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11538505125.html

コードレス電話・無線LAN・ブルートゥース・ベビーモニターの距離と電波強度データ&健康リスク。
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11516774935.html

イギリスなら誰でも知っている童謡の替え歌(電磁波編)
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11471040317.html

学校の Wi-Fi は安全? ホント ウソ (電磁波の勉強に最適)
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11501772853.html

家庭に潜む電磁波の危険性(字幕付)
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11416339247.html

フルシグナル(予告編)
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11441870491.html

スマートメーターの電磁波測定とアルミホイルの遮断効果
http://www.youtube.com/watch?v=sl_BfCvP17g&feature=player_detailpage

<元英国軍マイクロ波研究員バリー・トラウアー氏のビデオ>

『元英諜報部員バリー・トラウアーさんの電磁波に関するお話』
http://bilininfojp.blogspot.jp/2013/01/blog-post_2931.html
『元英諜報部員バリー・トラウアーさんの電磁波に関するお話 続き』
http://bilininfojp.blogspot.jp/2013/01/blog-post_30.html

WiFi は子どもたちに危険(字幕付)
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11448947632.html

Wifiなど無線通信 電磁波 遺伝子変異 未来まで
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11464977438.html

元英諜報部員が語る電磁波兵器(字幕付)
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11448989633.html

マイクロ波の危険性 アンタッチャブルな御用学者達~電磁波兵器は実際に使用された~(字幕付)
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11475137177.html

元MI5部員Dr. Barrie Trowerの語る電磁波兵器
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11504030644.html



[PR]

by fujinomiya_city | 2013-06-20 21:32 | 電磁波・スマートメーター・リニア他 | Comments(0)