カテゴリ:お知らせ・催し物など( 168 )

2017年 05月 13日
森の寺子屋『はっぱ星人を探せ!&ハッカ油の虫よけスプレー作り』
森の寺子屋、開催

『はっぱ星人を探せ!&ハッカ油の虫よけスプレー作り』

森ではっぱ星人を探そう!ブヨにも効くハッカ油の虫よけスプレーも作れちゃうよ!親子でぜひ参加してね!

●日程:6月3日(土)10時~12時
●場所:妙泉寺(富士宮市上柚野107)
●対象:親子
●参加費:3歳以上子どもも大人も1人500円(保険料込)
●スタッフ:住職)川手正順、自然ガイド)小野麗佳
●定員:15名
●申し込み締め切り:5月31日

★宗教は問いません。勧誘なども一切ありません。
★3歳以上を対象にしておりますが、小さなお子様連れの参加もも歓迎いたします。
★お弁当を持参して頂くと、終了後森で食べることができます。

お申し込み、お問い合わせは…
妙泉寺住職川手 090-6163-4964
※ショートメールでもお申し込み可。その場合、参加者のお名前とお子さんの年齢をお知らせください。

e0242084_11454775.jpg

[PR]

by fujinomiya_city | 2017-05-13 11:47 | お知らせ・催し物など | Comments(0)
2017年 05月 12日
憲法カフェ「檻の中のライオン」in富士宮

いま、一番わかりやすい憲法の入門書として話題の「檻の
中のライオン 憲法がわかる46のおはなし」
著者・はんどうたいき弁護
士を講師にお招きし、お話を伺います!

5月19日(金)10時~12時

フジヴィジョン



本やグッズの販売、サイン会も行います♪
ぜひ、お越し下さいませ(*^^*)

参加費:500円







[PR]

by fujinomiya_city | 2017-05-12 22:43 | お知らせ・催し物など | Comments(0)
2017年 02月 25日
3.11を忘れない/菅野みずえさんのお話会

あの日から6年。
3月11日が近づくとTVでも色々な特集が組まれ放送されます。

ですが、機会があれば、
生でお互い顔を見て声を聞いて温もりを感じ
今を共有している実感を持って
菅野さんのお話を一緒に聞くことが、とてもとても有意義に思います。

今、そして明日のためにも私たちは3.11を忘れない。

e0242084_20541228.jpg


[PR]

by fujinomiya_city | 2017-02-25 20:50 | お知らせ・催し物など | Comments(0)
2016年 12月 18日
【署名】8000ベクレル/kg以下の放射能汚染土を全国の公共事業で再利用という環境省の恐ろしい計画について 
8000ベクレル/kg以下の放射能汚染土を全国の公共事業で再利用という環境省の恐ろしい計画について 反対署名募集中

8000ベクレル/kg以下の放射能汚染土を全国の公共事業で再利用という環境省の恐ろしい計画について

反対署名はこちら↓ 集約先 FoE Japan 12月31日まで
http://www.foejapan.org/energy/fukushima/160416.html

脱被ばく実現ネットも反対署名の賛同団体になっています。

 今年6月23日テレビ朝日の羽鳥慎一モーニングショーにて、「環境省が原発事故汚染土の8000ベクレル/kg以下を全国の公共事業で使おうとしている」「再利用して大丈夫なのか?」という取材のニュースが流されました。
 3.11前には安全に再利用できる基準として100ベクレル/kgだったものが、事故後には安全に処理される基準を8000ベクレル/kgと80倍にも緩和してしまい、なんと今環境省は8000ベクレル/kg以下の汚染土を全国の公共事業に再利用しようとしています。番組は「あなたの町にも来るかもしれない」と注意しています。

原発事故汚染土 全国で再利用して大丈夫なのか?

福島原発事故前には100ベクレル/kg以下なら再利用可
つまり100ベクレル/kg以上は放射性廃棄物として保管としていたが

事故後には原発事故で出た廃棄物は8000ベクレル/kg以下なら
保管の必要なしという新しい基準を設けた

さらに、今年6月になって環境省は「安全に処理する」から
「再利用できる」という方針を打ち出した。

番組では再利用の汚染物を運ぶ時や作業の時に
外部被ばくの恐れがある

また、作業者が粉塵を吸う事によって
内部被ばくの恐れもあるし、流出の恐れもあると警告

動画はこちら↓ 健康になるためのブログより
http://健康法.jp/archives/18481


 環境省は「十分な対策をとり、汚染土はなるべく災害の起こりにくい場所で使い、もし災害が起こったら回収する」としています。しかし、今、日本全土で予想もしなかった場所で地震被害や水害等がひんぱんに起こっているのが現状です。
 また、昨年9月17日に日光市で豪雨により汚染土334袋が流出し20袋を回収しましたが中身は空でした。回収などとてもできないのが実際です。
 放射能汚染を全国にまき散らし、私たちや子ども達の健康にとって本当に恐ろしい、危険な計画です。
 みんなで止めましょう!

反対署名はこちら↓集約先 FoE Japan
http://www.foejapan.org/energy/fukushima/160416.html

尚、署名は12月31日まで延長したとのことです。

環境大臣 丸川珠代 様
【緊急署名】全国に被ばくを強い、環境を汚染する
「8000ベクレル/kg以下の汚染土を全国の公共事業で利用」方針に反対

環境省「中間貯蔵除染土壌等の減容・再生利用技術開発戦略検討会」は、3月30日、東京電力福島第1原発事故後の除染で出た汚染土に関し、8,000ベクレル/kg以下の汚染土を、「遮蔽および飛散・流出の防止」を行った上で、全国の公共事業で利用できる方針を決定しました。「周辺住民などの追加被ばく量は年間10マイクロシーベルトに押さえられる」としています。
しかし、原子炉等規制法に基づく規則においては、原発の解体などによって発生したコンクリートや金属などの再生利用の基準は100ベクレル/kgとなっています。今回の環境省方針は、この80倍となります。
この検討会のもとにおかれた「放射線影響に関する安全性評価ワーキンググループ」は、非公開で実施されており、議事メモも公開されていません。そもそも、この検討会は、最終処分量を減らすため、再生利用量を増やす、ということが前提となっています。現在の無理な「除染」「帰還」路線が前提で、そのためには、国民の被ばくもやむなし、ということなのでしょうか。
環境省は、「福島の復興、さらには東北の復興と日本の再生に向けた一大プロジェクトであるとともに、その成果は世界でも前例のない経験・知見として国際的な共有財産となる」と大見得をきっています。
しかし、「遮蔽および飛散・流出の防止」と書いたところで、そんなことは絵に描いた餅です。管理型の処分場でさえ、周辺や地下水の汚染は避けられないのに、ましてや通常の公共事業の構造基盤に使うというのでは、汚染を防ぐことはできません。。
降雨、浸食、災害などによる環境中への大量放出も懸念されます。工事中においては、工事従事者も通行人も被ばくします。大地震が発生すれば、道路の陥没、崩壊などがあちらこちらで発生し、汚染土がむき出しになるでしょう。
まさに、子どもも含めて、日本中の人たちを被ばくさせるために、壮大な「ナショナル・プロジェクト」にほかなりません。断じて許すわけにはいきません。

要請事項
1.放射性廃棄物を含んだ除染土を公共事業で利用する方針の撤回を求めます。
2.「除染」「帰還」を前提とした除染土再利用の政策を見直してください。
3.除染のあり方、除染土の処分のあり方に関しては、福島県内外の各地の幅広い人たちの参加のもとでの検討を行うようにしてください。
4.「放射線影響に関する安全性評価ワーキンググループ」のメンバー、議事録、全資料を公開してください。


一次集約 2016年4月30日  二次集約5月15日  三次集約5月31日
呼びかけ団体/集約先:国際環境NGO FoE Japan(認定NPO法人)
〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-21-9    Tel:03-6909-5983 Fax:03-6909-5986


呼びかけ人の一人、国会における福島原発事故調査委員会の委員もつとめ、医学者の立場から東電や政府の隠蔽体質を厳しく追及した崎山比早子さんのコメント


崎山 比早子さん(高木学校、元放射線医学総合研究所主任研究官、医学博士)

放射性物質は人の力で消すことはできません。
なるべく環境に拡散しないよう厳重に閉じ込めておくしかないのです。
今政府が進めようとしていることはこの基本的な原則と真逆のことです。
日本中を放射能汚染地域にすることが彼らの目的なのか?失政を無いことにするため?
私たち主権者がそんなことを許したら後の世代に、世界中に顔向けができなくなるでしょう。

[PR]

by fujinomiya_city | 2016-12-18 21:42 | お知らせ・催し物など | Comments(0)
2016年 11月 22日
憲法カフェ@富士宮
待っていました。「憲法カフェ」
たぶん富士宮で初めての開催になると思います。

憲法について知っておかないと困ることになるのは私たちです。
いま日本は、改憲され憲法が変わるかもしれない状況にあります。
その前に知っておかないと取り返しのつかないことになります。
私たちの生活の隅々に関わることです。
是非この機会にお時間を作ってご参加ください!
もちろんブログ主の私も行きます。
カフェです、お茶しながら楽しく学びましょう。

12月9日(金)午後1時~3時
富士宮駅前交流センター きらら 第一会議室
500円 資料、お茶、お菓子付き


e0242084_13364820.jpg

[PR]

by fujinomiya_city | 2016-11-22 13:38 | お知らせ・催し物など | Comments(0)
2016年 11月 14日
菅野みずえさんのお話を聞く会
朝日新聞プロメテウスでも紹介された菅野さんのお話を聞く会があります。
このような貴重な機会はなかなかありませんので
ぜひお時間を作ってご参加ください。

e0242084_23051941.jpg

[PR]

by fujinomiya_city | 2016-11-14 23:10 | お知らせ・催し物など | Comments(0)
2016年 04月 27日
アーサー・ビナード氏講演会とフェス♪
アーサー・ビナードさんのお話を聞くことができます!
めったにないチャンスです。是非お時間を作ってご参加ください!

e0242084_18535217.jpg
2016年5月3日(火)13:30~14:30

会場:三島市立公園「楽寿園」内、梅御殿2階

参加費:1,000円

※託児あります。講演会申込時に受付します。対象:年少~小学2年 20人先着

申込み、お問い合わせ Tel:090-1864-0235(ヒキタ)

この日は10時から楽寿園でLOVE&PEACEフェスが開催されます。

こちらも是非お楽しみください。

e0242084_18583481.jpg


[PR]

by fujinomiya_city | 2016-04-27 19:00 | お知らせ・催し物など | Comments(0)
2016年 03月 05日
「首相官邸の前で」トークシェア上映会♪
民主主義再建の可能性を問う貴重な映像
e0242084_00091699.jpg

上映作品 / 「首相官邸の前で」

企画・制作・監督 / 小熊英二
上映時間 / 109分

日時 / 2016年3月12日 (土) 午後1時30分~
トークシェア / 上映終了後 約20分 コーヒー付♪
料金 / 500円

会場 / フジヴィジョン(富士宮市大宮町8-4)
http://fujivision.tv/index.html

★上映終了後のシェア会で感想等お聞かせ下さい♪

==========

2012年夏、東京。約20万の人びとが、首相官邸前を埋めた。NYの「ウォール街占拠」の翌年、香港の「雨傘革命」の
2年前のことだった。しかしこの運動は、その全
貌が報道されることも、世界に知られることもなかった。

人びとが集まったのは、福島第一原発事故後の、原発政策に抗議するためだった。
事故前はまったく別々の立場にい
た8人が、危機と変転を経て、やがて首相官邸前という一つの場につどう。
彼らに唯一共通していた言葉は、「脱原
発」と「民主主義の危機」だった――。

はたして、民主主義の再建は可能なのか。現代日本に実在した、希望の瞬間の歴史を記録。

スタッフ総勢2名、企画決定30分、「映画を作ろうじゃないか。監督と出資は俺で、撮影と編集は君だ」。
そこか
ら製作は始まった。

無償提供された自主撮影映像を編集。ネット上で探し当てた自主撮影映像を、撮影者の賛同と協力にもとづき多数使用。
現場映像だけが持つ生の迫力。

世代・国籍・出身・地位、全てがちがう8人の体験。
原発
事故の恐怖、運動の台頭、首相との会談までの経緯を、元首相を含む8人のインタビューで構成。

予告編
https://youtu.be/EFjsarBPAZ8

Official Web Site
http://www.uplink.co.jp/kanteimae/

関連Facebookページ
https://www.facebook.com/kanteimae/

[PR]

by fujinomiya_city | 2016-03-05 00:16 | お知らせ・催し物など | Comments(0)
2016年 02月 24日
あの小林節氏のお話が聴けます!

e0242084_21072107.jpg
小林節
講演会

2月28日 午後2時~ 富士宮市民文化会館大ホール

小林節先生(慶應義塾大学名誉教授)の講演会を開催しま
す。

 小林氏は、昨年6月4日の衆議院憲法審査会で、安倍内閣が進める解釈改憲による集団的自衛権行使について「違憲」と表明、全国的な反対運動につながりました。

 講演では、●安倍内閣によって何が起きたのか 
●「安
全保障環境の激変」に対抗できる対案 
●独戴政権から国
民主権を取り戻す 

などわかりやすくお話していただきま
す。
全国で開催されている小林さんの講演はいずれも満席です
貴重な機会、お誘いあわせてお越し下さい。
*参加無料 *申し込み不要 *託児有り ご希望の方は下記 原田までお電話下さい。
*問合せ:富士/ 小長谷法律事務所 0545-53-1363
     富士宮/ 原田 0544-27-0696
e0242084_21074278.jpg

[PR]

by fujinomiya_city | 2016-02-24 21:08 | お知らせ・催し物など | Comments(0)
2016年 01月 13日
けんぽうってなあに?子ども達に伝えたい憲法お茶会キャラバン
「けんぽうってなあに?子ども達に伝えたい憲法お茶会キャラバン」
- 富士・富士宮自然育児の会
http://ff-shizenikuji.doorblog.jp/archives/47499613.html

~子供たちに伝えられる大人になれるように、Love&Peaceな憲法についておしゃべりしましょう!!
県内各地の団体とつながり合って、4カ所で開催!
ママ・パパたちのお話会だからお子様連れも大歓迎☆お気軽にご参加ください。~


「けんぽうってなあに?」
日本の未来を繋いでくれる子どもたちへ、
その子どもたちを育てている私たちお母さん、お父さん、
そして日本人だからこそ伝えたい、知っておきたい日本国憲法。

その憲法について、一緒にお茶などしながら語り合いませんか?

e0242084_12302848.jpg


戦争しない平和国家であり続けたい-。
そう願う私たちに出来る事は、
戦後から平和な日本を守ってきた日本国憲法について、
まず知ってみよう、そして日本国憲法について子供たちに伝えられる
大人になれるように。という思いを込めて、
今回憲法お茶会キャラバンをパルシステム静岡さん
主催で開催することになりました。

また講師として共催の馬場利子さん、Tea+αさんを中心にお茶会を行います。

昨今成立した安保法制について、集団的自衛権についても、
気軽に語り合いましょう。

また、ワクチン学習会と同様、
今回も県内の子育てグループとのつながり開催を致します☆

その富士会場担当を富士・富士宮自然育児の会が行います。

憲法お茶会キャラバンの詳細、県内4か所の開催日程、場所の詳細は下記の通りです。


「けんぽうってなあに?子ども達に伝えたい憲法お茶会キャラバン」
チラシPDFファイルはこちらから
表面 http://ff-shizenikuji.doorblog.jp/kenpocaravan.pdf
裏面 http://ff-shizenikuji.doorblog.jp/kenpocaravanura.pdf

~詳細~
裾野会場2月2日(火)裾野市生涯学習センター 定員30名 NPO自然派ママ達の座談会
富士会場2月10日(水)富士市ロゼシアター 定員30名 富士・富士宮自然育児の会
富士宮会場2月12日(金)大富士交流センター 定員30名 富士宮っ子はぐぐみ隊!
静岡会場2月19日(金)静岡市葵生涯センター(アイセル21)定員50名 プラムフィールド

※開催時間いずれも 10時~12時

講師:馬場利子(プラムフィールド代表)、Tea+α
参加費:500円(ブックレット、フェアトレードのお菓子のお土産付き)
申し込み:パルシステム静岡または各会場問い合わせ先まで
電話:パルシステム静岡 ℡0545-32-9192 (月~金 9:00~16:00)
締め切り:各会場開催日一週間前まで
主催:生活協同組合パルシステム静岡
共催:プラムフィールドTea+α
協力NPO自然派ママ達の座談会、富士・富士宮自然育児の会、富士宮っ子はぐくみ隊!
   母力向上委員会、きらきらママの賢い育児、島ママDream
賛同:NPO法人ふじママネット、SUDACHIの会、ブナの木マルシェ

~講師紹介~
馬場利子(プラムフィールド代表)
『健やかな命を未来へ~』を合言葉に、
1人1人が幸せを実感できる暮らしを実現する活動を
続けています。環境省環境カウンセラー、環境再生医、
暮らしスペース”プラムフィールド”・『静岡放射能汚染測定室』代表。

Tea+α
「難しい話もお茶でも飲みながら気軽に話そうよ」を趣旨に活動しています。
趣味や話題のスポット、映画の感想を語り合うように、憲法のことをみんなで
話したい。一緒に考えたい。そんな願いを込めて活動しているお母さん団体です。


~憲法お茶会キャラバン 富士会場の詳細、お申し込み先です~

日にち:2016年2月10日(水)
場所:富士市ロゼシアター 四階和室
地図はこちら
http://rose-theatre.jp/access/
時間:10時~12時 
参加費:会員、非会員ともに500円
(ブックレット、フェアトレードのお菓子のお土産付き)
定員:30名
申し込み締め切り日:
2016年2月3日(水)
定員に達し次第、締め切りとなります。
締め切り日後のお申し込みは下記連絡先までお問い合わせください。
その他:お子さんと一緒にご参加OK!キッズスペースも設けますので、ご利用ください。

参加のお申し込みは、下記連絡先か、
専用参加申し込みフォームよりお申し込みください。
※パルシステム静岡さんにお申し込みされた場合は
こちらでのお申し込みは不要です。

申し込み連絡先:080-4407-0665(杉山)

申し込みフォーム:
http://ff-shizenikuji.doorblog.jp/archives/47499613.html
e0242084_12303713.jpg


[PR]

by fujinomiya_city | 2016-01-13 12:30 | お知らせ・催し物など | Comments(0)