<   2012年 03月 ( 33 )   > この月の画像一覧

2012年 03月 30日
原発運転中と停止中のリスク
運転中と停止中では安全面、事故のリスクは大幅に違う。

停止中は上から水をいれるだけで冷やせるが、
運転中は原子炉内部に圧力がかかっているので簡単ではない。

運転中は停止中より発熱量が多いので注水量も多くしなければならない。

運転中に冷却が困難になった場合、短時間でメルトダウンする。
停止中との差は50倍というデータ有り。
(http://d.hatena.ne.jp/arc_at_dmz/20110319/nc_plant_decay_heat)

停止して一年以上になると原子炉の炉心は、崩壊熱も千分の一未満に冷える(冷却はあと数年必要)
冷却が困難になっても、メルトダウンまで1週間から数カ月の時間的余裕がある。(使用済み核燃料プールと同じ)


運転中は原発内の放射性物質量が増える。

事故の際の放射能漏れの量が大きい。
[PR]

by fujinomiya_city | 2012-03-30 10:56 | メモ | Comments(0)
2012年 03月 29日
放射能入門講座と避難者の講演@富士川
みんなの命を守るために、知っておきたいこと!

福島原発事故から一年。私たちの生活は変わり、新しい知識が必要になりました。
ベクレルとシーベルトの違いは?
静岡は放射能汚染されたの?
内部被ばくって何?
新しい食品基準値は?
給食やガレキは、なぜ話題になっているの?
みんなで一緒にこうした基本から学んでゆきましょう。

放射能入門講座
日時:4月7日(土)13:00~
場所:富士川ふれあいホール 研修室3
(中央図書館富士川分室/富士市岩淵855番地39)

内容
・放射能入門講座

・堀川文夫先生の講演
 震災を機に35年間続けてきた塾を閉め、浪江町から富士市に移住されました。
「福島の経験を地域の皆様に伝えたい」という思いから、お話をして下さいます。

・仲間とフリートーク(情報交換や雑談など。自由参加)

お問い合わせは、メール:talk.120407@gmail.com 電話:090-1736-5974(担当・川井)
こども連れOK!です。
主催:春を呼ぶフォーラム/富士の仲間と話す会

富士川ふれあいホール
 3/31追記
主催の「富士の仲間と話す会」はブログ「市民の街」さんの呼びかけで始まりました。
参加者は富士、富士宮、掛川、静岡、清水、三島、函南と県内各地からで、
ごく普通の一般市民ばかりす。(私も参加しています)
震災後ひとりで不安に思っていた人、それを口に出して言えない環境にいる人、
何か行動したいと考える人、子どものことが心配で…など様々です。

少しでも問題を解消し暮らしを良くしたい、それにはひとりひとりが繋がって情報交換や何でも話せ
る場が必要、私はそういう思いで「富士の仲間と話す会」に参加させてもらっています。
(ブログ「市民の街」に「話す会」の様子有ります。)
堅苦しいものではなく誰でも気軽に参加できる会です。
「春を呼ぶフォーラム」は今回各地で行う勉強会を担当している実行委員です。
富士川での勉強会は近いこともあり「富士の仲間と話す会」がお手伝いさせてもらっています。

e0242084_12493253.jpg

[PR]

by fujinomiya_city | 2012-03-29 13:04 | お知らせ・催し物など | Comments(2)
2012年 03月 28日
県民投票の受任者(署名を集める人)を募集中
現在、原発県民投票・静岡では、浜岡原発の再稼働の是非を問う原発県民投票
『受任者』(署名を集めてくれる人)を募集しています。

県民投票を請求する署名はあらかじめ申込んだ『受任者』しか集めることができません。

署名数は5人でも10人でも構いません。

集めていただける方は事前の申し込みをお願いいたします!

申し込みフォーム http://kenmintohyo.com/jyusign.php

静岡県在住の選挙権を有する方に限ります。

ちなみに、受任者一人が集める平均は10人だそうです。

皆さんの少しずつのご協力をお願い致します。
[PR]

by fujinomiya_city | 2012-03-28 23:33 | 原発 | Comments(0)
2012年 03月 27日
『放射線と被ばくの問題を考えるための副読本』
福島大学放射線副読本研究会が配信している「放射線と被ばくの問題を考えるための副読本」(PDF)
~“ 減 思 力 ”を防ぎ,判断力・批判力を 育 むために~

バランスの良い、まともな資料です。是非ご一読ください。


監修: 福島大学 放射線副読本研究会 福島大学放射線副読本研究会は,地域貢献活動の一環として,
放射線と被ばくの問題について研究し,副読本などの媒体を通じて情報発信することを目的として,
福島大学の教員有志により結成された組織です。(2012 年 2 月設立)

メンバー: 荒木田 岳(行政政策学類),石田 葉月(共生システム理工学類),井本 亮(経済経営学類),
遠藤 明子(経済経営学類),金 炳学(行政政策学類),熊沢 透(経済経営学類),小山 良太(経済経営学類),
後藤 忍(共生システム理工学類),坂本 恵(行政政策学類), 佐野 孝治(経済経営学類),十河 利明(経済経営学類),
中里見 博(行政政策学類),永幡 幸司(共生システム理工学類),沼田 大輔(経済経営学類),藤本 典嗣(共生システム理工学類),
村上 雄一(行政政策学類),森 良次(経済経営学類) (五十音順,2012 年 3 月現在)

著作・編集: 後藤 忍(福島大学 共生システム理工学類,放射線副読本研究会)
副読本の電子ファイル版: 電子ファイル版は,後藤忍研究室(環境計画研究室)のウェブサイトに掲載予定です。
後藤忍研究室ウェブサイト: https://www.ad.ipc.fukushima-u.ac.jp/~a067/index.htm

発行: 福島大学 環境計画研究室, 2012 年 3 月
[PR]

by fujinomiya_city | 2012-03-27 15:05 | メモ | Comments(2)
2012年 03月 27日
瓦礫に関するメモ

柏崎刈羽・100ベクレル以下でも厳重管(朝日新聞・新潟)
http://mytown.asahi.com/niigata/news.php?k_id=16000001204200005


沼津市「被災地瓦れき受け入れせず」~現時点では、と市が民病委に報告(沼津朝日4月20日)

 市議会民生病院委員会が19日開かれ、東日本大震災による被災地の瓦れき受け入れについて
市担当者(クリーンセンター管理課 佐々木課長)が報告。現時点では瓦れきを受け入れないことが表明された。

 理由をまとめると
... ・住民の放射能に対する不安を払拭し、理解を得なければならないこと
・老朽化した衛生プラントの問題
・瓦れきを焼却して発生した灰は、焼却灰処理先の委託業者が受け入れを拒否していること
・植田にある市の最終処分場の残容量が少なく埋め立てが難しい状況になっていること


がれき受け入れ、札幌市が拒否回答
札幌市は、東日本大震災のがれきの受け入れについて拒否することを
国に正式に回答しました。

札幌市は国に対し、岩手県や宮城県の被災地のがれきの受け入れについて、
「放射性物質に汚染されたがれきの安全性に確証が得られていない」として、
受け入れを拒否する回答書をきょう夕方、国に郵送しました。札幌市は国から、
あさってまでの回答を求められていました。

札幌市の上田市長は、安全性に疑問があるとして、拒否する姿勢を示して
いました。 (2012年4月 4日(水)「どさんこワイド179」)

札幌テレビ
http://www.stv.ne.jp/news/streamingFlash/item/20120404190112/index.html



岡山市ガレキ受け入れ拒否正式回答
環境省が先月16日に全国の自治体に受け入れを要請している東日本大震災で発生したガレキについて、
岡山市は、4月5日、安全性が保証されていないとして現状では応じられないことを国に回答しました。
明日の回答期限を前に、岡山市が要請に応じられないことを国に正式に回答した。
環境省が先月26日に開いた、岡山市で開いた説明会で、岡山市の担当者はがれきを焼却した後の灰の処理について、国の協力を求めたが、満足いく回答は得られなかったということです。
[via RNC西日本放送]


福岡市長 髙島宗一郎x細野環境大臣
高島市長「博多湾を放射能汚染する瓦礫焼却と焼却灰埋立は拒否」
動画→ http://www.youtube.com/watch?v=EMFUsdqmczA


島田市最終処分場。ずさんな管理。飛灰が野ざらし。雨で大井川にそのまま流れたり地下へも浸透心配。
動画 http://www.youtube.com/watch?v=RFezsYgYdk0


北九州市で瓦礫受け入れ要請する環境省の細野大臣と副大臣。
しかし石巻市のガレキの量、その中で北九州市で処理してもらいたいガレキの量さえも知らない、答えられない。
動画→ http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=h0qxqLp4-BI


高山市・国島市長
『結論から申せば「ガレキの受け入れはできません。」ということになります。』 http://www.city.takayama.lg.jp/mayors_office/index.html
一つには放射能を拡散させてはならないということです。次に、ガレキの広域処理は税金の使い方として効率的ではないと思われるからです。


島田市の試験焼却の結果は放射性セシウム合算で700Bq/kg を超える土壌汚染を生んだ。
http://www.city.shimada.shizuoka.jp/mpsdata/web/7576/kekkaichiran.pdf
最後のページに記載されている。


黒松内町は、震災がれきの受入れをいたしません。
http://www.kuromatsunai.com/saigai/20120320.htm

札幌市長
http://www.windfarm.co.jp/blog/blog_kaze/post-9380
このところ、震災がれきの受け入れについて、何度も自問自答を繰り返しながら、
私は、「市長として判断する際に、最も大事にすべきこと、
それは市民の健康と安全な生活の場を保全することだ」という、
いわば「原点」にたどり着きました。
東日本大震災により発生したがれきの受入れについて
http://www.city.sapporo.jp/kinkyu/20120323mayor.html

徳島県知事室目安箱の回答
http://www.pref.tokushima.jp/governor/opinion/form/652


大田区区議、奈須りえ「環境省との交渉でわかったこと
①がれき処理の進捗状況は1/3で、5%は嘘。
②処理期限を26年3末とした明確な根拠は無。
③処理期限、広域処理エリア、コストのシミュレーションは行われてなかった。
23年度~3年で1/3なら広域無くてもがれき処理は順調」


ほとんどの瓦礫は仮置き場へ移動出来ていると事務方が認めた。
仮置き場は街中には無い、とすれば先日の新聞広告は誇大広告?


瓦礫…環境省が広域処理への協力を要請したのは2011年の4月8日だったと、2012年2月15日の東京新聞が報じた。
震災後早い時期に広域処理が決まっていたのは、環境省による「処理が進まないから広域で処理する」という説明と合致しない


去年の11月、広域処理の対象となっている岩手県・宮城県の瓦礫は宮城99%、岩手92%撤去済みであり、
既に住宅地や商業地にはないことが報道された。現在はさらに撤去が進んでいるはず。


東部スラッジプラント近傍から採取した土壌サンプルの分析の結果, 1kg あたり2,300Bq,1m2 当たり230,000Bq の汚染が確認
http://fukurou.txt-nifty.com/fukurou/files/press_confernce_docu.pdf
[PR]

by fujinomiya_city | 2012-03-27 12:06 | 瓦礫 | Comments(0)
2012年 03月 27日
バグフィルターは放射性物質に対応していないと確認
富士宮市の焼却炉のバグフィルターのメーカー、日本スピンドル製造(株)に問い合わせました。

バグフィルターで放射性物質はどれくらい除去できますか?

バグフィルターは放射性物質を想定していないため
実験なども行っていないので実証データも無く、除去できると言えません。

という回答でした。

検証方法がありましたら教えて下さい、の問いには回答はありませんでした。


このことは清掃センターに伝え、センターでも確認していただくようお願いしました。

清掃センターで瓦礫の試験焼却についてお話を伺いましたが、2つあるうちの1つの炉を瓦礫専用に
すること以外はまだ何も決まっていないということでした。(3月21日の時点で)
[PR]

by fujinomiya_city | 2012-03-27 11:00 | 瓦礫 | Comments(2)
2012年 03月 26日
がれき問題「環境省院内交渉」必見です!
e0242084_2255596.jpg
この日のために3.26政府交渉ネットでは事前に質問書を提出しているのに、環境省は回答を用意していなかった。
「放射能のことを聞かれても困ります」と言う始末。

3・26政府交渉ネット - ―がれき問題-

本日(3/26)の環境省院内交渉、ライブ配信を見ていましたが、目が離せませんでした。

全国の県知事、市長、議員の方々、そして被災地復興のために瓦礫受け入れに賛成している方々
是非見てください。

10:00:院内交渉に向けてー賛同者の打ち合わせー
    アーカイブ ←録画です!

13:00 :交渉開始

    アーカイブ1←録画です!

アーカイブ2←録画です!

15:00:交渉終了&決議文採択
15:30:記者会見


内容をまとめたものか文字おこしなどありましたら掲載したいです。
[PR]

by fujinomiya_city | 2012-03-26 23:10 | 瓦礫 | Comments(0)
2012年 03月 26日
ゴミ焼却灰放射性物質検査結果
e0242084_18503656.jpg

疑問点があります。

「この結果、環境省の基準である8,000Bq/キログラムを大幅に下回り、問題のない数値であることを確認しました。」
この問題のない数値とはどういう意味で言っているのでしょうか。
みなさんはどのように理解しましたか。

環境省のサイトを見ると、この基準は「廃棄物を処理するための基準」とあります。

「8,000Bq/kg 以下の廃棄物は、焼却施設や埋立処分場で 排ガス処理、排水処理や覆土によって
環境中に有害物質が拡散しないように管理が行われる」

「8,000Bq/kgを越えた場合は特別な処理が必要」とあります。

現に富士宮市では焼却灰の一部を他県に処理をお願いして(500Bq/kg以下が条件でこれを超すと
処理はしてもらえません。)特別な管理や処理が必要なものなのです。

原発事故前は日本でも国際基準に基づき、放射性セシウム濃度が100Bq/kgを超える場合は、
特別な管理下に置かれ、低レベル放射性廃棄物処分場に封じ込め
ていました。(クリアランス制度)

事故前は、放射性物質に汚染された物を一般のゴミ焼却炉で燃やしてはいけないと決められていました。
資格を持った人がいる特別な施設でないと燃やせなかったのです。

それが事故後、全国で汚染瓦礫を処理するために8,000Bq/kgと国際基準の80倍にしてしまったのです。
この基準には問題ないわけないのです。

私が心配なのは、問題ないという言葉が安全、安心のような誤解を与えかねないということと
事故前と事故後が基準値80倍のようにあまりにも違い過ぎるため一般市民の日常生活の中に
これまで入って来なかった見えない危険が存在するということ、
そして焼却灰が汚染されているということは同時に、事故後ほぼ毎日大気中にも放射性物質が放出されているということです。
[PR]

by fujinomiya_city | 2012-03-26 20:05 | 放射性物質・汚染情報 | Comments(0)
2012年 03月 24日
お菓子に使用されている主な添加物
子どものおやつは手作りしたり、焼き芋やとうもろこし果物といった素材そのものが一番いいなと思いますが
市販のお菓子も楽しくて美味しいものがたくさんあるので食べたいですよね。
そしてできるだけ安全なものを子どもにと思います。
お菓子の添加物にはどんなものがあるか知っておきましょう。
e0242084_2322385.jpg

[PR]

by fujinomiya_city | 2012-03-24 23:24 | 食品添加物・遺伝子組換・農薬 | Comments(4)
2012年 03月 23日
防災生活課に良い変化
3/25加筆
今日は防災生活課へ行ってきました。
これまでのこともあるので、放射線の資格を持っている友人に同行をお願いしました。

自宅と友人宅の土壌検査結果を提出し、以前何度か話をした中で気になっていたことを確認しました。

その結果この前まで「富士宮市の年間被ばく量は20ミリシーベルト」という恐ろしい数値でしたが、
「年間1ミリシーベルトを目指す。」と法律に定められている数値に変更したことを確認できました。
その他にも良い方向へ変化がありました。

先週職員の方が「富士宮市には福島からの放射能は降っていない」と話されていましたが、
そういう認識なのですかの問いに
降ったのはあきらかで、市民のみなさんもそう思っていると思うし私も同じで、
福島からの放射性物質は富士宮にも降ったことは間違いない。」
という回答でした。

一般家庭の土壌から4000bq/kg検出された際の市の対応は「8000Bq/kg以下だから問題ない数値」
でしたが今日の回答では
8000bq/kgは土壌の基準値ではない。国も土壌の基準値は定めていない。」
 もしも高い汚染の土壌が見つかった場合は「市が独自で対応する。」ということでした。
(まだ基準値は設定されていないようですが、年間1ミリシーベルトを目指した基準値になると思います。)

以前、雨樋の辺りや側溝などは汚染が高い傾向にあるので、子どもたちが遊ぶ時や手洗いのことなど
注意喚起をお願いした時は「その必要は無い。」とバッサリ切り捨てられましたが今日は

「 注意喚起します。」と即答でした。(広報に載る?)

これは本当に有り難い事です。
富士宮市は汚染が低いからと安心しきっている人が多く、ホットスポット的な場所があるとは思っていなくて
知らないうちに被ばくということが有り得るからです。
またどこかの原発で事故が起こり放射性物質が降ってくることも考えられるので
市から注意喚起してもらえれば、特に小さなお子さんがいる家庭では遊ぶ場所に気を付けることで防御できて安心です。

思わぬ急変に嬉しい驚きでした。大きな一歩前進です。ありがとうございます!!

今日の課の対応は市民と向き合う姿勢が感じられて安心できました。
同行してくれた友達もはじめ心配していたのだけど帰りは安心したよと笑顔でした。
今までのあの酷い対応は何だったのでしょうか。何度もガッカリさせられただけに今日の喜びは倍増です。

つい先週の職員の発言や対応にも不安と疑問を感じていたところだったのですが、
今日の課長さんのお話で少し解消ほっとしました。
部下の教育にも期待したいと思います。

課では職員の放射能の勉強会を2つ予定していて、中部電力と名古屋大学の講師だそうです。
中部電力は自分たちの都合のいいことしか言わないだろうから、名古屋大学の勉強会もするのだと
課長さんは心得ているようでした。

風評被害のことも心配されていました。
だからこそしっかり調査して公表することが重要だと思います。
まだ福島は危険な状態です。浜岡もあります。何も終わってはいません。

地震についても、予測は不可能でいつどこで地震が来るといった話はデマだと思った方がいいというお話でした。
今まで予測できたことがないし昨年の大地震も誰ひとりとして予測できなかったのでそれに惑わされないようにと。

途中「敵対しないで…」なんて言葉が出てきて、これまでのことを気にされていたのでしょうか、
課長さんにはどう伝わっていたのかな「そんな風に思っていませんよ。市にお願いしたいことがあって来てるんですから」と言いました。
誰でも人と敵対したくはないはずだし、協力しあって助け合うのは当然のこと。
その中で市役所は同じ市民でも市民にできないことができる立場でもあるしそれが仕事でもあるし
期待しますよ!うん、信頼したいし期待したい、そう、課長さんの
「市民のためにある」この言葉、何よりも忘れられません。
[PR]

by fujinomiya_city | 2012-03-23 20:09 | 日記 | Comments(0)