<   2012年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

2012年 10月 31日
富士宮市で採取された「野生きのこ」の放射性物質検査結果
山梨県の鳴沢村(10月23日)、富士吉田市及び富士河口湖町(10月25日)の「野生きのこ」から食品衛生法の基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超える放射性セシウムが検出され、10月26日に国の原子力災害対策本部長から山梨県知事に対し、原子力災害対策特別措置法に基づき、当該3市町村の全ての「野生きのこ」について出荷停止の指示が出されたことから、隣接する富士宮市に生育する「野生きのこ」を採取し、放射性物質検査を実施しました。
 
採取日10/30 
・検査機関:静岡県中部健康福祉センター化学検査課
・検出機器:ゲルマニウム半導体検出器
 
コガネタケ セシウム134,137合算 8.1Bq/kg(未満)

ヌメリスギタケ 合算 10.3Bq/kg(未満)

ブナハリタケ 合算 8.9Bq/kg(未満)
[PR]

by fujinomiya_city | 2012-10-31 17:53 | 食品情報交換2011-12 | Comments(0)
2012年 10月 30日
幾見養鶏の卵
e0242084_23203562.jpg

幾見養鶏の卵の無人販売機。
新富士病院(大渕)の前、道挟んだ向かい側に無人販売機があります。
1袋200円で10個入っていました。
グラム売りなのか個数なのかわかりませんが、かなりお得です。
----------------------------------------------------------
e0242084_23211697.jpg


[PR]

by fujinomiya_city | 2012-10-30 23:28 | 食品情報交換2011-12 | Comments(0)
2012年 10月 26日
児童精神科医・佐々木正美先生講演会~子どもたちを生き生きと育むために
新春子育て応援講座「児童精神科医・佐々木正美先生」講演会~子どもたちを生き生きと育むために

...3年ぶりに実現!

人気絶大!あの児童精神科医・佐々木正美先生が静岡県富士市でお話してくださいます。

開催日:2013年1月12日(土)

午前の部:10時~12時30分

子どもの育つみちすじ~遊び交わり共感性を育む~


午後の部:13時30分~16時

生きづらさを抱える子どもたちを地域で支える


会場:ラ・ホール富士(静岡県富士市中央町2-7-11)


受講料:午前の部・午後の部とも2,000円

受講料:午前・午後通しの場合 3,500円

主催:NPO法人ゆめ・まち・ねっと

午前の部のねらい
/子どもの育つみちすじ~遊び交わり共感性を育む~

不登校、いじめ、ひきこもり、家庭内暴力…共感的な人間関係の機能を失い苦悩する子どもが多くなりました。
勉強ができないから不登校になるのでも、働く能力がないからひきこもるのでもありません。
単純に意欲の問題と短絡してはいけません。共感的な人間関係が育つみちすじを学ばなければ、
支援、予防、解決には辿り着けません。

また、子どもが成長し、社会的に健全な人格を発達させるために、友だちの意義は不可欠なほど大きいのです。
勉強ができることと社会性の発達との間にあまり相関はありません。社会性、共感性を大いに育むのは何よりも遊びです。
子どもたちが生き生きと交わり遊ぶ地域を再生することが求められます。


午後の部のねらい
/生きづらさを抱える子どもたちを地域で支える

自閉症、アスペルガー症候群、学習障害(LD)、注意欠如多動性障害(ADHD)…発達障害の多様性と共通性について、正しい理解なしに、適切な支援はあり得ないばかりか、多くの苦しみを与えることになります。理解者に恵まれると、優れた能力を発揮して、幸福な日々を歩みますが、無理解な人達の中では非常に不幸な人生に陥りがちです。

人は家庭、学校、職場や地域社会などで様々な人々に出会います。発達障害のある子あるいは不適切な養育や教育を受けている子の育ちを支えるためには、どういう所でどういう人と、どのような出会いを重ねると良いのかを正しく理解し、適切に寄り添う方法を知ることが決定的に大切です。


佐々木正美先生略歴

臨床児童精神科医。1935年生。新潟大学医学部卒業後、東京大学で精神医学を学び、ブリティッシュ・コロンビア大学児童精神科に留学。帰国後、国立秩父学園、(財)小児療育相談センター所長を歴任。この間、東京大学精神科、東京女子医科大学小児科、お茶の水女子大学児童学科で講師。現在、川崎医療福祉大学教授、アメリカ・ノースカロライナ大学医学部精神科臨床教授。

ロングベストセラーの著書「子どもへのまなざし」で知られるとおり、子どもの育つみちすじについて30年以上にわたり全国各地で講演をされる一方、自閉症、発達障害の専門家として世界的に知られ、多数の専門書も出されています。

1年以上先まで講演予定がぎっしりの絶大な人気の佐々木先生が長年の「ゆめ・まち・ねっと」との交流により、夢の新春講座の企画を快諾してくださいました。

この機会をお見逃しなく。


お申込みは

下記の申込み項目をメールまたはFAXしてください。

メールの宛先
yume-machi-net@r5.dion.ne.jp

FAX送信先
0545-52-3175

・申込み区分/午前のみ/午後のみ/一日通し
・名前
・年代(ex.30歳代)
・性別
・参加の立場(ex.子育て中の親、小学校教員、保育士、○○支援員など)
・住所(住所は今後のゆめ・まち・ねっとの企画案内などに使わせていただく場合があります。差し支えのある方は、市町名だけご記入ください。

・電話(必須)
・FAX
・メールアドレス(できるだけご記入を。通信料の軽減になり、たいへん運営が助かります。なお、ケータイアドレスを記入されます方は、
こちらのパソコンメールyume-machi-net@r5.dion.ne.jp発の連絡が拒否されないように設定をしておいてください。

・家庭や現場で困っていること、悩んでいること、具体的に聞いてみたいことなどありましたら、お書きください。

お問い合わせ
電話 0545-52-3175
携帯 070-6552-3644

NPO法人ゆめ・まち・ねっと(渡部達也・美樹)

チラシ
[PR]

by fujinomiya_city | 2012-10-26 22:45 | お知らせ・催し物など | Comments(0)
2012年 10月 25日
第13回「再稼働反対アクション@富士宮」
毎週金曜日の首相官邸前抗議行動に合わせて、全国でアクションが展開されています。
その数はなんと!45都道府県120行動にまで広がっています。

「再稼働反対」  「命を守れ」  「原発いらない」  「電気は足りてる」

今あなたの声が必要です!立場や支持政党、世代の垣根を越えて、集まりましょう!

飛び入り大歓迎です、気軽にご参加ください。人数が増えると力になります。

小さな思いも集まれば大きな思いになる。原発のない明るい未来をつないでいこう!

富士山の麓で脱原発を叫ぶ!
第13回
『再稼働反対アクショ ン@富士宮』

日時:10月26日(金)18:00~19:00

場所:「神田川広場」(浅間大社前交差点南側)
 

11月に作戦会議&親睦会を予定しています。(詳細決まり次第お知らせします)
もっとこうしたらどうか等ご意見やアドバイスを下さい。
原発の無い明るい未来を作るための行動です。楽しく語り合いながらアクションをより良いものにしていきましょう。宜しくお願い致します。

◇小雨決行
◇プラカードや鳴り物などアピールグッズをご自由にお持ち下さい。(用意もありますので手ぶらでもOKです。)
◇楽器募集してます♪ ギター、太鼓など楽器演奏のご参加をお待ちしています。
◇せせらぎ広場の駐車場(無料)をご利用下さい。
◇問い合わせ:fujinomiya_city@excite.co.jp
e0242084_1028583.jpg
広場正面にありますお宿「山げん」様、いつもご理解とご協力有難うございます。心より感謝いたします。
e0242084_9323122.jpg
写真は9/7のアクションです。約30人が参加。最後にみんなで「故郷」と「富士山」を歌いました。
車から手を振ってくれたりクラクション鳴らしての声援、有難うございました。
[PR]

by fujinomiya_city | 2012-10-25 10:30 | アクション情報 | Comments(0)
2012年 10月 24日
『原発に「ふるさと」を奪われて 福島県飯舘村酪農家の叫び』
講演会のお知らせです。伊豆の国市には「水と緑を守る会」というのがあります。
そこからの情報になります。

『原発に「ふるさと」を奪われて 福島県飯舘村酪農家の叫び』

日時:2012年11月11日(日)14時〜16時
場所:伊豆の国市の「韮山農村環境改善センター」
費用:無料
主催:伊豆の国市九条の会
連絡先:石田義明 055−947−1540

第1部 講演会 飯舘村酪農家 長谷川健一氏
長谷川さんは、東日本大震災以後限られた情報にもかかわらず、放射線被曝の危険を知り、子どもたち、乳牛を避難させるために奔走された。
その間の政府の対応はどうであったか。マスコミはどう動いたか。
長谷川さんの貴重な体験は、東海、南海、東南海と大地震が予想される私たちに、どう行動すべきか教えてくれると思います。
ぜひご参加ください。

長谷川さんは、人がいなくなった飯舘村の村の見回りを今も続けている。村で起こった悲劇や現実をビデオカメラで克明に切ろう。その後、全国各地で自らの体験を語り始めた。


ドイツ、ベルリンでの長谷川健一氏のスピーチ

こちらに転載
[PR]

by fujinomiya_city | 2012-10-24 11:53 | お知らせ・催し物など | Comments(0)
2012年 10月 17日
富士山の麓で脱原発を叫ぶ!「再稼働反対アクション@富士宮」
金曜日の首相官邸前抗議行動が始まって半年が過ぎ、より強固なものになってきました。
それに続いて全国で展開されているアクションも増えています。
その数はなんと!45都道府県120行動にまで広がっています。

「再稼働反対」  「命を守れ」  「原発いらない」  「電気は足りてる」

今あなたの声が必要です!立場や支持政党、世代の垣根を越えて、集まりましょう!

飛び入り大歓迎です、気軽にご参加ください。人数が増えると力になります。

小さな思いも集まれば大きな思いになる。原発のない明るい未来をつないでいこう!

富士山の麓で脱原発を叫ぶ!
第12回
『再稼働反対アクショ ン@富士宮』

日時:10月19日(金)18:00~19:00

場所:「神田川広場」(浅間大社前交差点南側)
 

◇小雨決行
◇プラカードや鳴り物などアピールグッズをご自由にお持ち下さい。(用意もありますので手ぶらでもOKです。)
◇楽器募集してます♪ ギター、太鼓など楽器演奏のご参加をお待ちしています。
◇せせらぎ広場の駐車場(無料)をご利用下さい。
◇問い合わせ:fujinomiya_city@excite.co.jp
e0242084_1028583.jpg
広場正面にありますお宿「山げん」様、いつもご理解とご協力有難うございます。心より感謝いたします。
e0242084_9323122.jpg
写真は9/7のアクションです。約30人が参加。最後にみんなで「故郷」と「富士山」を歌いました。
車から手を振ってくれたりクラクション鳴らしての声援、有難うございました。
[PR]

by fujinomiya_city | 2012-10-17 23:28 | Comments(0)
2012年 10月 14日
食品のセシウムの新基準
今年4月1日から食品のセシウムの(緩すぎる)新基準が適用されていますが、
(ただし平成24年3月31日までに製造、加工、輸入された食品については、賞味期限まで暫定規制値適用。)

牛肉と米は今月(10/1)から新基準が適用となっています。(9/30まで500Bq/kgだった)

大豆は来年1月からなので現在もまだ500ベクレルのままです。

新基準の100ベクレルでも甘過ぎて到底受け入れられない数値なのに、まだ500ベクレルというとんでもない基準値で食品が流通しています。

豆腐やみそ、醤油、納豆、豆乳なども要注意です。

仕込みの時間もあるので来年一月以降しばらく時差も考えないといけないのがややこしいです。
(加工品の製造年月日はパック詰めした日付で、仕込みをした日付ではないので)
e0242084_2382565.jpg


政府広報オンライン
http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201204/3.html
(米・牛肉の10月1日までに製造って所、以降の間違いのようだ)
[PR]

by fujinomiya_city | 2012-10-14 23:25 | 食品情報交換2011-12 | Comments(0)
2012年 10月 12日
県民投票賛否
e0242084_23111564.jpg
e0242084_23113190.jpg
e0242084_23114271.jpg


原案については全員否決

修正案について賛成3割、反対7割で否決された。
[PR]

by fujinomiya_city | 2012-10-12 23:29 | 選挙 | Comments(0)
2012年 10月 12日
【緊急募集!】静岡市に意見を届けよう!
『広域がれき処理について、静岡市に意見を届けよう!』

一緒に静岡市に意見を届けに行きませんか!

10月15日(月)10:30に青葉公園呉服町通り沿いのライオンの銅像前に集合! 

持ちもの:静岡市長にたいしてがれき処理についてみなさんの気持ちを書いた手紙

当日連絡先:わかやまさん(090 9944 0287)

今回のがれき処理について市長へ皆さんの気持ちを届けに行きましょう!
伝えたいけどどうしても、その時間には参加できないという方!
14日の17時までにわかやまさんのところにメールにてきもちを伝えていただければ、
印刷して持っていってくれます!
わかやまさんのメールアドレス
prayforgalaxyxoxo@i.softbank.jp

がれきを焼却することはなんの支援にもなりません!
別支援をするように皆さんでお願いしましょう!
※当日は、マスコミの取材などが入る場合があります。


その後『出張お話会』があります。お時間がありましたら是非!
10月15日(月)15:00〜17:00 出張お話し会@ロコマニ
場所:静岡市葵区鷹匠1-10-6(秀英予備校の斜め前)
定員:15名
料金:必ずワンオーダーをお願いします(食事もできます)

鷹匠のおしゃれなカフェ『ロコマニ』さんでいつも生涯学習センターで開催している『がれき処理に関するお話し会』を出張で行います。
雰囲気を変えて、おいしい料理やお茶を飲みながら本当の支援について一緒に考えませんか?
[PR]

by fujinomiya_city | 2012-10-12 22:20 | お知らせ・催し物など | Comments(0)
2012年 10月 11日
北海道の土壌セシウム137調査結果
「北海道の土壌放射能を調査する会」より転載
http://dojouhousyanoutyousa.blog.fc2.com/

北海道のセシウム137調査
北海道の土壌放射能調査について

「北海道の土壌放射能を調査する会」では、北海道各地の人たちから協力を得て、2012年5月から、個人宅の庭土の土壌調査を進めてまいりました。
その調査結果を個々の公開承諾を得て、公開させていただきます。

e0242084_18214424.jpg
e0242084_18215260.jpg

参考:震災前(H20~22 年)の北海道の農地土壌における放射性物質モニタリング結果
環境放射能水準調査結果(道立衛生研究所)
調査場所:江別市
セシウム-137:14~19Bq/ kg乾土

の結果と比較して、大きな差が無いことがわかってきました。
ただ、以下の当会における参考調査の結果を見ていただきたいのですが、

2012年1~5月まで外に放置してあったソリに溜まった雨水を1リットル採取した測定結果
セシウム-137:2.09Bq/ kg(検出下限値3.31Bq以下なので参考記録→通常は検出せずと表記される)
セシウム-134:1.33Bq/kg(検出下限値3.04Bq以下なので参考記録→通常は検出せずと表記される)

といった数値が出てきます。
そもそも、公的関係機関における放射性降下物データでも、
http://www.iph.pref.hokkaido.jp/eiken_housyanou/eiken_housyanou.htm#falloutmonth
セシウムの降下は確認されていますので、この参考調査の数値もうなずけると思います。
現在、北海道で検出されるセシウム等の数値は「過去の核実験や、チェルノブイリ原発事故の残りで、福島原発事故以前のレベルと変わりない」と表現されることが多いのですが、土壌に対して2~3Bq/kg程度は、あらたに加算された可能性は十分にあります。
北海道にも福島原発由来の放射能は、まちがいなく降り注ぎ、わずかずつだとしても、今も汚染を増やし続けてるのです。

また、さらに懸念されるのは、こうした放射性降下物が、必ずしも福島原発から直接放出されているものではなく、産業廃棄物の焼却、リサイクル燃料(廃プラスチックなど)の使用、一般廃棄物(家庭ごみ)の焼却などによってもたらされている可能性も高いのです。
こうしたことの確認作業も、急ぎ、当会としてやっていきたいと思っています。

私たちは実測によって、北海道における「福島原発事故の影響」についてきちんと確認・把握をするとともに、美しい北海道の大地をこれ以上の放射能汚染に晒さないこと、そして明るく輝いた未来を子供たちへ繋いでいけるよう、大人として責任ある行動をとりたいと思っています。

2012年6月 「北海道の土壌放射能を調査する会」代表 伊藤和久
※測定はAT1320Aを使用
http://www.adfutec.com/image/pdf/Catalog_110722-1_AT1320A.pdf#search='AT1320A]'
 この機器の特性上、ヨウ素131やセシウム134の数値は、Pb214、Bi214の影響を受けやすいため、土壌の測定結果上に公開いたしません。
[PR]

by fujinomiya_city | 2012-10-11 18:23 | 放射性物質・汚染情報 | Comments(0)