<   2013年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2013年 11月 27日
第62回 再稼働反対アクション@富士宮

富士山の麓で脱原発を叫ぶ! 『再稼働反対アクショ ン@富士宮』
第62回 11月29日(金)午後6時~7時 神田川広場(浅間大社交差点南)
e0242084_22343582.jpg
原発反対なら特定秘密保護法も反対!
秘密じゃ子どもを守れない!

~学習会~
午後7時~市民文化会館和室にて。雨天でアクション中止の場合は6時30分から

会場使用料として1人100円カンパお願いします。飲食は各自持ち込みでヨロシク。
お時間が有りましたら是非ご参加ください。


今こそ原発のない社会を実現しよう。
みんなで声をあげよう♪黙っていたら再稼働させられちゃうよ。

飛び入り大歓迎です、短時間でも構いません、反原発・反被曝を願う方なら誰でも参加できます。

◇雨天の場合アクション中止 打ち合わせはあります。
◇「反原発」「反被ばく」と関係の無いアピールはご遠慮下さい。
◇プラカードや鳴り物などアピールグッズをご自由にお持ち下さい。手ぶらでもOKです。 メッセージボードあります。
◇楽器募集してます♪ ギター、太鼓など楽器演奏のご参加をお待ちしています。
◇せせらぎ広場の駐車場(無料)をご利用下さい。
◇問い合わせ:fujinomiya_city@excite.co.jp
広場正面にありますお宿「山げん」様、いつもご理解とご協力有難うございます。心より感謝いたします。
e0242084_21562064.jpg

[PR]

by fujinomiya_city | 2013-11-27 09:56 | アクション情報 | Comments(0)
2013年 11月 23日
「映像でみる被災地」in 富士市
中京テレビ契約ディレクターの笠井千晶さんが、ご自身の休みを利用してたった一人で毎月のように東北に通い、
撮りた
めてきた被災地の短編映像を、ご本人のトークを交えながら上映します。


2年にわたり撮りためてきた映像には、通い続けているからこそ見えてきた現実、
被災した人たちの思いと願いが映し出されています。


日時:11月30日(土)10時~13時

場所:伝法まちづくりセンター 多目的室と調理室(上映後にちょこっとランチをいただきながら語り合う場をもうけます。

参加費:500円

申込締切:11月29日(金) 
コメント欄(承認制なので非公開です。)からお名前、電話番号、メールアドレスをお知らせください。

伝法まちづくりセンター 富士市伝法2743−2



【内容】
[PR]

by fujinomiya_city | 2013-11-23 22:19 | お知らせ・催し物など | Comments(0)
2013年 11月 22日
子ども・被災者支援法に関する陳情
去る11月12日に、
「原発事故子ども・被災者支援法」に基づく施策の拡充と早期実現を求める意見書提出に関する陳情書
を富士宮市議会に提出しました。

2011年に大きな原発事故が起こり甚大な被害が出ました。それまで日本政府は原発は安全で事故が起こらないということにしていたので原発事故が起きた時に放射能から人々を守る法律がありませんでした。
そこで昨年6月に、原発事故による被災者を救済するための法律が全会派、全国会議員賛成のもと成立しました。
ところが、その後一年以上放置され、何の施策も進まないまま今年8月にようやく基本方針が復興庁から示されました。
しかし、その内容は支援法で定めた理念とは程遠いものでした。
復興庁は一度も公聴会を開かないままで被災者の声を聞いていません。パブリックコメントも法律で定められた期間より短いものでした。
支援対象地域を福島県内の33市町村のみに限定していたり、帰還を促す施策が目立ち殆どが既存の施策です。
住宅支援は昨年打ち切られていてその再開も盛り込まれていません。
心配される子ども達の健康管理についても一切反映されていません。
このままでは被災者を救済することができません。

事故から二年半が過ぎ、今なお多くの方が住居や仕事の確保、子どもの健康不安、二重生活など困難を抱えたままの生活を余儀なくされています。
一日も早く「子ども被災者支援法」に基づいた支援、施策を実現し真の被災者救済が行われるよう、全国130カ所以上の自治体から国へ意見書が出されています。
この富士宮市からもぜひ国へ意見書を提出してもらうよう11月議会に陳情書を提出しました。

この陳情が審議される委員会が開かれるのは12月4日9時からです。
お時間のある方は是非、一緒に傍聴しましょう。
どの市議がどのように発言するか、どのように考えているのか、富士宮市議会は採択するのか自分の目で耳で知る事はとても大切です。
また、この「子ども・被災者支援法」は今後原発事故が起きた場合、お手本となり適用されることになると思います。
つまり浜岡を抱える静岡県民も今の内容の支援法では救済されないということになるのです。
原発事故は二度とあってはならないことです。でも地震国の日本では起こる事を想定していなければ子どもたちを未来を守る事はできないのです。
e0242084_15210919.jpg
e0242084_15211337.jpg



[PR]

by fujinomiya_city | 2013-11-22 15:24 | アクション情報 | Comments(0)
2013年 11月 21日
石けん学習会
「石けんアドバイザーによる石けん学習会」

生活クラブの石けんアドバイザーさんによる石けん学習会を行います。
アドバイザーさんは石けんの達人。
石けんの使い方のコツ、年末のお掃除のヒント、
正しいシャンプーの仕方、重曹やクエン酸の使い方など教えてもらって、
気持ちいいお正月を迎えましょう。

日にち:2013年12月4日(水)
場所:富士市天間まちづくりセンター 1階 調理室
時間:10時~12時
参加費:無料
持ち物:特にありません。必要な方は、おんぶひもなど。
その他:ちょっとしたキッズコーナーを設ける予定です。

参加募集締切日:無し。当日参加でも構いません。

参加申し込みフォームはコチラ→ http://ff-shizenikuji.doorblog.jp/archives/34893375.html

[PR]

by fujinomiya_city | 2013-11-21 17:42 | お知らせ・催し物など | Comments(0)
2013年 11月 18日
きのこは優れた汚染指標
ブログ「ずくなしの冷や水」より転載します。

きのこは優れた汚染指標 人口動態悪化の謎も解ける

野生きのこのデータを収集しているが、やはり数に限界がある。県別に古いデータをチェックしていて、
福島第一原発事故の年の露地原木栽培のしいたけのセシウム濃度が高いことに気づいた。

これまでシイタケの原木栽培は、原木の供給地が福島県が主であり、原木栽培のしいたけのセシウム
濃度は原木に含まれていたセシウム量を反映すると考えて野生 きのこに目を向けていたが、少なくとも
露地栽培の原木しいたけは、フォールアウトを受け止めているわけだからその点では野生きのこと変わら
ないと考え方を 変えた。施設栽培の原木しいたけもセシウム汚染の強いものがあり、ビニールハウスの
中まで放射性物質が入り込んだことを示す。

ただ、菌床栽培のしいたけなどは、施設内で栽培されており、極端に高い濃度は検出されていない。
これは、菌床自体の汚染を示すものだろう。
10Bq/kg以下のものが多いから、菌床栽培も含めて汚染分布を見ることにした。

e0242084_17245647.gif
栽培ものも対象にすると、データの追加入力が必要となったが、1市町村に1個のデータがあれば足りるので
関東のカバレッジを大きくすることを旨としてデータを入力した。

都内で栽培されるしいたけの汚染は強いものがある。東京都武蔵村山市の原木シイタケ(施設栽培)からは、
2011/11に115Bq/kg検出というデータがある。

それに驚いたのは、町田市のデータで原木シイタケ(施設)から2013/10/21、36Bq/kg検出と発表されている。
このほかにも2012/11/01に露地栽培から34Bq/kg検出されたとの発表。

東京23区は、町田市と多摩市。多摩市も2013/05に原木シイタケ(施設)で9.1Bq/kg検出と報じられている。

町田市は初期被曝が大きかったのだろうと見ていたが、放射性物質の沈着量も少なくなかったことがわかる。
早くから人口動態が悪化した原因の一つだ。

東京都については、武蔵村山市、昭島市、府中市、青梅市、あきる野市、東大和市、八王子市などでも栽培シ
イタケからセシウムが検出されている。市部の人口動態が早い時期に悪化を見せたことと整合する。

神奈川県も同様で、横浜市から相模原市、南足柄市、小田原市、真鶴町まで広く栽培シイタケからセシウムが
検出されている。神奈川県の人口動態は、千葉県に勝るほどの悪化傾向を見せており、住民が神奈川県にホット
スポットはないと油断しているのであれば、大変危険だ。

検査が意図的に運用されている疑いを感じながらも茨城県のデータを入れてみて、やはり同県内の汚染は強く、
広範にわたっていると認識した。

備忘録として書き留めておくが、名古屋市が長野県伊那市産の流通品ブナシメジを測定したところ、検出限界
以下だったと発表されている。南アルプスの東と西で大きく違うことが分かる。

東京都、神奈川県、千葉県、茨城県、群馬県の原データ
東京都
神奈川県
千葉県
茨城県
群馬県

この記事へのコメント              
椎茸栽培用の原木は、事故前は5割が東北産だったそうです。そのため、特に事故直後は
全国のあちこちで原木椎茸からセシウムが検出されましたので、原木由来なのか、栽培地
の汚染状況によるのか判別が難しいかと思われます。
関西では今年に入っても、セシウム汚染が発覚した福島産の原木を県に引き取り要請した
ことがニュースになりました。
Posted by 心太 at 2013年11月02日 19:25

シイタケの原木栽培は、10月~11月頃に伐採した木に翌年の3月から4月にかけて菌の
植付けを行なうのが最も望ましいとされています。そして、通常は菌を植え付けた翌年から
3年後の秋までに、最初のキノコが発生するとされています。
(山の我が家http://tkksi.web.fc2.com/farm/shokuyou/shiitake.htm
したがって、2012年の春頃にシイタケができている原木ホダギは、1年以上前に現地に搬入
され、杉林の中などに本伏せされていたはずです。今後供給される シイタケは福島第一原
発事故後に福島で伐採された原木を使ったものがあるかもしれませんが、事故から2年半で
すから生産中のホダギは現生産地でフォールア ウトを浴びたと考えて大きな間違いはない
でしょう。
Posted by ずくなし at 2013年11月02日 20:22
[PR]

by fujinomiya_city | 2013-11-18 17:43 | 放射性物質・汚染情報 | Comments(0)
2013年 11月 17日
放射能速報メール
ホワイトフード株式会社が提供しているサービス

登録したメールアドレス宛に、
原子力規制庁が福島県および全国に設置しているモニタリングポストの空間線量数値が
30日平均の2倍を超えた場合に、2倍を超えた拠点の情報のメールを送信。

また、有事の際に確実に手元に届くよう確認を兼ねて、運営より毎週日曜日の正午に定期的にメールを送信。

登録はコチラのサイトから

[PR]

by fujinomiya_city | 2013-11-17 20:58 | 放射性物質・汚染情報 | Comments(0)
2013年 11月 17日
知らないと損をする「添加物の話」
こんなにいっぱい使われている!

知らないと損をする添加物の話

日時:11月25日(月) 13:30~15:30

場所:清水町地域交流センター(駿東郡清水町堂庭6-1)

講師:中村幹雄(食品表示を考える市民ネットワークメンバー、元食品添加物メーカーおよび業界団体の役員)

野放し状態の添加物、総合調味料の中身は?
表示の不徹底とそれに伴うリスクの大きさ、恐ろしさとは。
知っているようで知らない事実がいっぱい。
この機会をお見逃しなく!

参加申し込みは、宮っちまでコメント欄かメールfujinomiya_city@excite.co.jpで
締め切りは22日(金)です。



[PR]

by fujinomiya_city | 2013-11-17 13:35 | お知らせ・催し物など | Comments(0)
2013年 11月 03日
バイバイ原発サウンドパレード
さわやかな秋、富士山の麓を一緒に歩きませんか!

11月16日(土) 神田川広場(浅間大社交差点南)に集合!午前10時スタート♪
今、稼働してる原発はゼロだよ!このまま止めよう!


パレード終了後に世界遺産の浅間大社でお参りして、富士宮焼きそばを食べるのも好いよ~オススメです。
e0242084_18274412.jpg

[PR]

by fujinomiya_city | 2013-11-03 18:32 | アクション情報 | Comments(2)