<   2017年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2017年 01月 07日
福島原発事故 汚染土壌議事録 環境省 発言削除し開示 再利用誘導 隠蔽か
東日本大震災:福島第1原発事故 汚染土議事録 環境省、発言削除し開示 再利用誘導、隠蔽か - 毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20170105/ddm/001/040/153000c


 東京電力福島第1原発事故の除染で出た汚染土の再利用を巡る非公開会合の議事録を環境省が「全部開示」としながら、実際には自らの発言の一部を削除していたことが分かった。削除したのは環境省が議論を誘導したと受け取れる発言。その発言から放射性セシウム1キロ当たり8000ベクレルを上限値とした汚染土再利用の方針決定につながっていた。情報公開の専門家は「意思形成過程の隠蔽(いんぺい)で極めて悪質」と批判している。

     この会合は「放射線影響安全性評価検討ワーキンググループ」。放射線の専門家や環境省、事務局の日本原子力研究開発機構(JAEA)の職員ら約20人が出席し、昨年1~5月に計6回開かれた。当初は会合の存在自体が非公表だったが、情報公開請求が相次ぐなどしたため、環境省は8月に議事録などをホームページで公表。事務取り扱い上は「全部開示」とされた。

     公表分には議事録になる前の「議事録案」も含まれているが、毎日新聞はそれ以前の「素案」を入手した。議事録などと比べると、発言の削除や変更などが複数あった。素案では2月24日の第4回会合で環境省職員が「8000ベクレルの評価で災害時など年間1ミリシーベルトを少し超えるケースが出ているが、これが1ミリシーベルトに収まるとよいのだが」と発言。しかし、公表された議事録からは削除されていた。

     8000ベクレルを超えると特別な処理が必要な「指定廃棄物」となるが、一連の会合では同ベクレルを上限とする汚染土の再利用を協議。この日の会合で、8000ベクレルの汚染土を使った防潮堤が災害で崩れた際の復旧作業では、一般人の年間被ばく線量上限の1ミリシーベルトを超えるとの試算値がJAEAから示された。このままでは再利用の上限値を同ベクレルから下げる可能性もあったが、環境省職員の発言を呼び水に、専門家らが「崩れれば他の土と混ざり合って希釈される(薄まる)」などと試算のやり直しを求めた。

     その後、希釈で年間1ミリシーベルト未満に収まるとの試算結果が公に示され、環境省は6月、8000ベクレルを上限に汚染土を再利用する方針を正式決定した。【日野行介】




    [PR]

    by fujinomiya_city | 2017-01-07 17:09 | ニュース新聞TVから | Comments(0)
    2017年 01月 07日
    スタンディング@富士宮 1月の予定
    e0242084_08522661.jpg
     サイレント・スタンディング
     再稼働反対アクショ ン@富士宮
    原発は止まっていても危険です!毎年地震も起きてます!

    1月の予定
    第197回 6日(金) 
    第198回 13日(金)
    第199回 20日(金)雨のため中止
    第199回 27日(金)
    午後6時~7時 神田川広場(浅間大社交差点南側)

    利権のために命や未来を犠牲にしたくない!
    電気は足りてる、どころか余ってる!猛暑の夏も停電無かったよ!
    再び放射能汚染、被ばくの危険にビクビクしながら暮らすのは嫌です!
    今こそ原発のない社会を実現しよう。
    みんなでアピールしよう♪

    飛び入り大歓迎です、短時間でも構いません、反原発・反被ばくを願う方なら誰でも参加できます。

    ◇雨天中止
    ◇「反原発」「反被ばく」と関係の無いアピールはご遠慮下さい。

    [PR]

    by fujinomiya_city | 2017-01-07 16:52 | アクション情報 | Comments(0)