人気ブログランキング |
2012年 04月 05日
被災地で製造された魚缶をカンボジアなど5ヶ国の給食に
産経新聞より
食料支援で風評被害解消 被災地の缶詰を途上国に
2012.3.30 07:54

 政府は、東日本大震災の被災地で製造された水産加工品を発展途上国の人々に食べてもらうため、国連機関の世界食糧計画(WFP)と政府開発援助(ODA)に関する書簡を交換した。
食料支援を通じ、被災地の水産業振興と風評被害の解消につなげるのが狙いだ。

 政府が平成23年度第3次補正予算に計上した10億円を元手に、WFPが青森、岩手、茨城、千葉の4県の水産加工場で製造されたイワシやサバなどの水煮の缶詰を調達。
カンボジアなど5カ国で学校給食などに役立ててもらう。加藤敏幸外務政務官は書簡交換の式典で、「甚大な被害を受けた被災地の水産加工企業は、操業の全面再開に向け努力している」と強調した。

 このODAをめぐっては、東京電力福島第1原発事故の影響を懸念する一部の市民団体などが反発。外務省幹部は「放射線量を検査し、安全性に問題がないものを輸出することで、海外に根強い風評被害の打破を図りたい」と説明している。
-----------------------------------------------------------------------------------------

これこそ偽善。偽善で済まされない大罪だ!

被災地で獲れた魚の缶詰を食糧不足の国々の幼い子供や妊婦に食べさせるという恐ろしい計画。
しかも日本の水産業の振興のためとはっきり言っている。
支援なんかじゃない。
放射線量を検査し…と言っているが、あくまでもサンプルに過ぎず、日本の基準値で安全などと言わないでもらいたい。
この場合汚染はゼロでなければいけないはずだ。
食糧難の国で独自で検査を行うことは難しく、汚染や被ばくについて正しい情報が届いているのかどうかさえも不明。

by fujinomiya_city | 2012-04-05 23:02 | ODA魚缶問題 | Comments(0)


<< 幼稚園の給食から1,400ベクレル      富士宮市で行った土壌検査結果 >>