2012年 05月 12日
試験焼却したら廃炉/須藤市長
e0242084_14452933.jpg


先日の会見で須藤市長は、瓦礫を試験焼却することは焼却炉を廃炉にする覚悟が必要だと言いました。

市は瓦礫焼却は安全と言ってきました。なのに廃炉とはどういうことでしょうか。
矛盾してますよね。
廃炉にしなければならないほど瓦礫は危険であり決して安全ではないということは明らかなのです。

廃炉にするにも放射能汚染されているので解体も難しく、新設もまた予算の面を考えてみてもそう簡単にはできません。

現在も市はi瓦礫焼却は危険だと認識しているにも関わらず、安全だと主張し続けています。
いったい市は何のためにあるのでしょうか。
「住んでよし訪れてよし」「産んでよし育ててよし」「学んでよし働いてよし」はどこにあるのでしょうか。

震災後一年を過ぎてもまだ仮設住宅に住んでいる人が大勢います。
仕事が見つからずに困っている人が大勢います。
誰もが少しでも早い被災地復興を願い、何かしたいと思っています。
本当の復興とは?
何が必要とされていて何ができるか?
国の誤った瓦礫政策に振り回されずに市と市民が協力して復興のお手伝いができるはずです。
[PR]

by fujinomiya_city | 2012-05-12 14:45 | 瓦礫 | Comments(0)


<< 5/18(金)富士市吉原コミュ...      富士宮市は普段のゴミ最終処分7... >>