2012年 05月 17日
富士宮市の電気料金7390万円値上げ
東電の電気料金値上げの話。

富士宮市には市立病院、清掃センター、小中学校などの大口の公共施設が67施設あり
年間で7390万円も電気料金が増えるという試算。
(14・9%の値上げで、市が支払う電力料金は年間7392万円増え、5億6881万円となる)

もちろん各施設で節電に取り組んでいる。
「血の出るくらいの思いで節電に苦労している。(東電は)自治体や企業からカネを取ればいいという甘い考えでは困る」と市長。

市は値上げに対して「納得いかない」と同意していない。
そうすると料金とか支払いとかはどうなるんだろうね。

で現在はPPSから購入検討中なのだそう。
(富士宮市は合併後一部中電の管轄もできて市内に50ヘルツと60ヘルツが存在するよ。)


我が家では昨年から30%前後の節電を継続中。でもその割に料金は下がっていない。
昨年から連続10ヶ月値上げしてるから。
節電を頑張ると東電の利益が減って値上げなのか?てな感じがしてしまう。
結局全部で何パーセントの値上げ?

我が家は配線に不都合があって昨年はアンペアダウンに踏み切らなかったのだけど
今月50から40へ下げることにした。

電気料金を銀行口座引き落としにしないで振込みにし、値上げの差額分を差し引いた額を振り込むという手があるそうだ。
その場合値上げ分をどう計算すればいいのだろう。
[PR]

by fujinomiya_city | 2012-05-17 22:47 | 日記 | Comments(0)


<< 5月22日「国民平和大行進」@富士宮      お茶の基準値に注意 >>