2012年 07月 08日
『内部被ばくを生き抜く』上映会&鎌仲ひとみ監督の講演
e0242084_2145856.jpg

【未知なる危機に備えて・・・鎌仲ひとみ監督からのメッセージ】
2011年3月に起きた東日本大震災によって原発が4つも爆発してしまった、その後の世界に私たちは
生きている。大量の放射性物質が放出され、 広範囲に拡散したことは解っているが、ではどれだけ
出たのか実は正確な情報がない。
放射性物質は環境に溶け込み、生態系に入り込んだ。 呼吸や汚染された水・食品を通じて引き起こ
される内部被ばくは、この時代に生きる私たち全員の問題となった。 これからいったい何が起きる
のか、正確に予測できる人は実はいない。
ただできることはありとあらゆる情報と可能性を吟味して、「命」を守る努力をするということだ。
放射能は様々な局面で「命」の脅威となりえる。
私たちは生き抜かねばならない、そのためのささやかな助けになればとこの作品を作った。


『内部被ばくを生き抜く』上映会&鎌仲ひとみ監督の講演

日時:8月4日(土)
午前の部 10:00-11:20本編上映 11:26分ー12:30特別編上映

午後の部 14:00-15:20本編上映 15:26-16:30特別編上映

夕べの部 17:00-18:20本編上映  18:30-20:00講演

鎌仲監督の講演は、夕べの部のみですので、ご注意ください。(夕べの部は、入場券が別になっています。)        

会場 沼津市立図書館 4階 視聴覚ホール ・第4講座室

入場には「入場券」が必要です。入場は無料ですが、800円の資料代が必要です。

入場券は、市役所7階職員組合、マルサン書店仲見世店、駅北口の英文堂書店、丹澤楽器本店、
原の戸田書店で扱っています。
午前・午後の部と夕べの部は、券が別刷りです。午前・午後の部の券で夕べの部には入場できませんので、ご注意ください。

主催:ぬまづ・浜岡原発を考える会
共催:生活クラブ生活協同組合
後援:沼津市教育委員会

託児所:生活クラブ生活協同組合・静岡の皆さんのご協力により託児室が用意されています。
希望者は、児童の氏名、男女の別、年齢、住所と連絡先電話番号を記入し、ファックス 又はメールを送ってください。
  送り先=市労連書記局 055-931-2904(電話も同じ)
wbs16437@mail.wbs.ne.jp(市労連のメール・アドレス)

  
*お願い  夏休み期間中で地下駐車場は大変込み合いますので、なるべく付近の駐車場を
       ご利用いただくか、バス・電車・自転車等での来館をお願いいたします。   
[PR]

by fujinomiya_city | 2012-07-08 21:49 | お知らせ・催し物など | Comments(0)


<< 富士山西側の活断層上に学校8校...      スイスエネルギー基金の福島ニュース >>