2012年 09月 06日
「福島原発事故告訴団」について知ってほしい
事故を起こしたら責任を取るのは当たり前、そう思いませんか?
地震と津波は天災ですが、福島第一原発事故は人災です。

原発事故によって多くの人が暮らしを壊され、生命や健康に甚大な被害を受け、
人生を狂わされ、大きな苦痛を強いられました。それは今もこの先も続くのです。

なのに何故、誰も責任を問われないのですか。
誰にどのような非があったのかはっきりとさせるべきです。

これは福島のことだけではなく、全ての日本国民のためでもあるのです。
告訴宣言にもあるように、
『日本政府は、あらゆる戦争、あらゆる公害、あらゆる事故や企業犯罪で、
ことごとく加害者・企業の側に立ち、最も苦しめられている被害者を切り捨てるための役割を
果たしてきました。
私たちの目標は、政府が弱者を守らず切り捨てていくあり方そのものを根源から問うこと、
住民を守らない政府や自治体は高い代償を支払わなければならないという前例を作り出すこと
にあります。
そのために私たちは、政府や企業の犯罪に苦しんでいるすべての人たちと連帯し、
ともに闘っていきたいと思います。』

日本がいつまでも同じ過ちを繰り返す国であってはいけません。
明るく希望のある未来を繋げていくためにも。


◆1.福島原発事故告訴団とは?

福島原発震災は、これまでにその刑事責任がなんら問われることなく過ぎています。
そこで福島の方々が中心になって、去る6月11日に被害者1324人が告訴状を提出、8月
1日各地検に受理されました。
その後、東京と福島の地検にまとめられてようやく捜査が開始しています。
団長:武藤類子さん
代理人(弁護士):河合、海渡、保田弁護士
被告訴人:勝俣前会長、清水元社長、班目安全委員長、近藤原子力委員長、寺坂保安
院院長など33名
(被告訴人の名簿は 
http://kokuso-fukusimagenpatu.blogspot.jp/2012/06/blog-post_12.html)

その他詳細は、HPをご参照ください
http://kokuso-fukusimagenpatu.blogspot.jp/

その後、第2次告訴人1万人募集の方針を固め、全国に広げることになりました。
被害は全国に広がっていることを、明らかにするためでもあります。
第2次告訴は11.15に予定しています。

◆2.静岡県内での告訴人募集(10月末日まで)

そこで静岡でも、武藤類子さんの呼びかけに答えて、県内でまず募集説明会を開催す
ることとなりました。
いずれも類子さんが直接説明くださいます。
趣旨に賛同される方は、印鑑を持参のうえ、ご参加ください。
もちろん、当日参加しても告訴人になる・ならないはご自由です。
また、当日参加できなくても、責任者にご連絡いただければ手続きはできます。
なお告訴人の義務は、委任状のサインと会費1000円の納入のみです。


■9月17日(休日)・富士宮での告訴団説明会
場所  震災被災者支援コミニュテー 富士の麓のうつくし村
    (富士宮市中央町2番8号  JR富士宮駅より徒歩4分)
主催  震災被災者支援コミニュテー 富士の麓のうつくし村
問い合わせ 090-9158-5371(長谷川)
時間  13:30~15:00
内容  1.挨拶「福島からこの地に避難して」(長谷川)
     2.告訴団概要説明(団長・武藤類子氏(福島県三春町在住)
     3.質疑応答

■武藤類子さんによる呼びかけ説明会@三島
日時  9.17(月) 18時30分~
会場  三島市民活動センター (本町タワー4F、第1,2会議室)
主催  原発震災を防ぐ風下の会
連絡  973-5747(金原)
参加費 無料 (ただし告訴人は会費1000円が必要)
◎委任状作成のため印鑑(認印OK,シャチハタは不可)をご持参ください

■9/18福島原発事故の責任を問う告発集会(静岡市)
日時:9月18日(火)13時30分~
場所:静岡労政会館5階
話す人:武藤類子さん
主催:浜岡原発を考える静岡ネットワーク(浜ネット)
告発人になっていただける方は印鑑をご持参ください。
参加費:500円
連絡先:鈴木卓馬携帯 090-2687-9376

■小さいお子さん連れ(保育の必要)の方は、18日午前中に類子さんと親しく語りあ
うチャンスが三島であります。
手続きも可能、説明も聞けます。お問合せは浅羽愛さんまで。

どうぞよろしくお願いいたします。
東井(東京電力と共に脱原発をめざす会)
Tel:0557-81-7577
[PR]

by fujinomiya_city | 2012-09-06 21:32 | 原発 | Comments(0)


<< 静岡県の大気中の降下物2011年度      再稼働反対アクション@富士宮9/7 >>