2012年 09月 19日
東海村JCOが厳重保管していた放射性廃棄物を燃やそうといている
JCO:放射性廃棄物焼却炉建設で住民説明会 「なぜ住宅地に」 /茨城
毎日新聞 2012年08月09日 地方版

 1999年に臨界事故を起こした東海村の核燃料加工会社ジェー・シー・オー(JCO)が8日、事故後に保管している低レベル放射性廃棄物を処理するための焼却炉を13年5月末までに設置し同年6月から試運転を開始する計画を明らかにした。同社で行った住民説明会で、村民や村議、周辺の水戸市民など約30人に説明した。

 計画によると、敷地内に保管しているドラム缶(200リットル)約8900本分の未処理の低レベル放射性廃棄物のうち、ウラン加工工場で使っていた油ドラム缶約500本(100立方メートル)と放射線管理区域内で使用したモップなどドラム缶約200本分を焼却する。7月末に文部科学省に使用変更許可を申請し、9月ごろに許可を受ける予定という。
http://mainichi.jp/area/ibaraki/news/20120809ddlk08040132000c.html
---------------------------------------------------------------------------
原発で出た放射性廃棄物は100ベクレル以下でもドラム缶で厳重管理することが法律で義務付けられています。
それを燃やすとは!!重大問題です!!!
関連記事「100ベクレル以下」でも厳重管理
[PR]

by fujinomiya_city | 2012-09-19 19:57 | 放射性物質・汚染情報 | Comments(0)


<< 再稼働反対アクション@富士宮9/21      木村真三 緊急レポート&講演会... >>