2015年 04月 14日
グルタミン酸ナトリウム

内海聡氏のFBより転載します。

このブログのグルタミン酸ナトリウム=味の素の過去記事はコチラ→「味の素が代表である化学調味料製造の恐怖の実態」 http://fujinomi8.exblog.jp/21727312/

グルタミン酸ナトリウムと聞くと私たちの年代では、○○の素を思い出いだします。一時騒がれてグルタミン酸ナトリウムは危険だとの認識は広がっていたはずなのに、いつの間にか隠れたところでたくさん使われてきているようです。

昭和30年代の話ですが、なんと世界保健機関(WHO)の専門家委員会が出している報告書にグルタミン酸ナトリウム(化学調味料の主成分)の一日摂取許容量(ADI)が設定されていました。特に生まれて二カ月までの乳児には与えてはいけないとなっていたのです。しかしこれは○○の素にとっては致命的なものであり、WHOの委員のうち企業の人間の必死の働きかけでWHOの報告書から消えたようです。

ワシントン大学のジコン・W・オルニ-博士は、グルタミン酸ナトリウムを生まれて間もないネズミに飲ませると、目の網膜に異常が起きるというルーカス博士たちの報告をもとに、その原因を究明する研究をしていました。この研究中にグルタミン酸ナトリウムを与えられたネズミが異常になっていることに気がついたのです。原因はグルタミン酸ナトリウムのために、脳下垂体という成長や性成熟に関係する重要な脳の器官がやられていたためだったようです。

アメリカのラッセル・ブレイロック博士なども興奮毒であることを厳しく指摘しています。知能障害、精神病、てんかんなどをグルタミン酸ナトリウムは誘発します。これ以外にも肝臓や 卵巣、子宮や副腎にも異常が認められたようです。この異常はマウスの他にもラット、ウサギ、ニワトリ、アカゲザルなどでも確かめられたとされています。今では、色々な食品に入っています。なぜなら覚醒剤に近い成分なので、陶酔してくれて商品のリピーターになってくれるからです。

グルタミン酸ナトリウムを摂ることによって肥満も増えます。グルタミン酸ナトリウムはレプチン抵抗性を高め、内臓脂肪増加の要因となり、空腹感と脂肪蓄積の悪循環を招き、心臓病や糖尿病、メタボリックシンドロームのリスクを高める作用があります。そしてそのような危険な物質が、だしの素、漬物、インスタントラーメン、かまぼこ、ソーセージ、ポテトチップス、せんべいなどほとんどの加工食品・調味料に非常に広く、安易に使用されているのが現状なのです。目先のことしか考えない愚かな人類にはぴったりの食材かもしれません。


[PR]

by fujinomiya_city | 2015-04-14 11:38 | 食品添加物・遺伝子組換・農薬・放射能 | Comments(0)


<< 富士宮市議会議員及び市長選挙立...      静岡県議会議員選挙! >>