2018年 06月 28日
☆講演会☆富士宮市・安定ヨウ素剤備蓄の取り組み
☆講演会☆富士宮市・安定ヨウ素剤備蓄の取り組み
e0242084_09430983.jpg
多くの人々に影響を与える静岡の原発問題。
今回は、富士宮市で活躍している市議会議員から、原発問題に関わる取り組みについて御講演いただきます。
ご家族やご友人、ご近所の方々お誘いあわせのうえ、是非ご参加ください。

富士宮市須藤秀忠市長は、2018年5月9日の会見で安定ヨウ素剤の備蓄を行うことを表明した。
国の原子力災害対策指針に基づき、中部電力浜岡原発(御前崎市)から約5km圏内の予防防護措置区域(PAZ)の住民へは
安定ヨウ素剤の事前配布が実施され、31km圏内の緊急防護措置区域(UPZ)市民へは安定ヨウ素剤は備蓄され、
原発31km圏外には安定ヨウ素剤の備蓄はありません。
原発31km圏外の地域の富士宮市が、自主的に安定ヨウ素剤の備蓄を行う先進的取り組み事例の報告を行います。

期日:2018年7月5日(木)
時間:10:00~12:00
講師:若林志津子氏(富士宮市議会議員)
会場:富士市民活動センター
静岡県富士市吉原2丁目10-20
ラクロス吉原2階
駐車場:「ほんいちパーキング2」をご利用され駐車券を富士市民活動センターまでお持ちいただくと2時間無料になります。
参 加 費:無料

共催:ハスヌマの会・ネットワーク県民投票
問 合 せ:090-4866-0228(担当 小櫛)
お昼のお弁当[500円]の手配は7月2日までにご連絡ください








[PR]

by fujinomiya_city | 2018-06-28 09:44 | お知らせ・催し物など | Comments(0)


<< スタンディング@富士宮 7月の...      スタンディング@富士宮 6月の... >>